02/01
2023
Wed
旧暦:1月11日 大安 庚 
イベント スポーツ
2023年1月24日(火)9:00

大林が大会新で4連覇/100㌔ワイドーマラソン

女子は高井が初優勝/3年ぶり開催、再会喜ぶ

 

100㌔の部は大林が4連覇を達成した=22日、下地公園

100㌔の部は大林が4連覇を達成した=22日、下地公園

第33回宮古島100㌔ワイドーマラソン大会(主催・宮古島市ほか)は22日、下地公園などを発着点に行われた。100㌔、50㌔の2部門に計512人が出場し、宮古路を駆け抜けた。100㌔の部は大林僚(37)=愛知県=が6時間59分12秒の大会新記録で4連覇を達成。同女子は高井美奈子(56)=千葉県=が9時間33分9秒で初優勝した。全体の完走者は294人で、完走率は57・42%だった。

 

大会は新型コロナウイルスの影響によって、2年連続で中止となっており、今回は3年ぶりの開催。開始前やレース中には再会を喜び合う姿が見られた。

100㌔の部の発着点となる下地公園では開会式が開かれ、前回大会総合優勝の大林が選手宣誓した。スタート地点に集まった全員で「ワイドー」の掛け声を上げ、健闘を誓い合った。

100㌔の部優勝の大林は、2位に1時間以上の差をつける圧巻の走りで、自身が持つ大会記録を更新した。同女子優勝の高井も2位に40分差をつけ、初出場で頂点に立った。

50㌔の部は、午前11時に宮古特別支援学校をスタートし、ゴール地点の下地公園を目指した。同総合は、大山翼(35)=宮古島市=が3時間31分20秒で優勝、同女子は加納千恵子(56)=東京都=が4時間53分30秒で制した。

この日の天候は曇り。最高気温は24・5度(午後1時36分)を記録した。強い日差しは少なく、走りやすいコンディションでレースは行われた。

大会には100㌔の部に359人、50㌔の部に153人が出場し、記録更新や完走を目指した。

完走者数と完走率は100㌔の部が195人で54・32%、50㌔の部は99人で64・71%だった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!