07/04
2022
Mon
旧暦:6月6日 大安 戊 
社会・全般
2018年1月14日(日)9:00

飲酒運転検挙100件超/宮古島署17年まとめ

人身事故は減、物件事故増/スピード違反など取締強化


人身事故件数

人身事故件数

 宮古島署(大城辰男署長)は、2017年の交通事故件数、交通違反検挙者数をまとめた。それによると17年の人身事故件数は01年以降で最少の96件だった。これは前年比5件の減少。また、物件事故の総件数は1555件と同比270件の増加で、過去10年間では最も多かった。交通違反検挙者数は2304人で同比264人の減となった。交通違反では飲酒運転が100件を超え、同比36件の増加となった。宮古島署は管内では交差点事故が多いことから、一時不停止および信号無視、スピード違反などの取り締まりをより一層強化し、死亡事故につながる事故の抑制に努める。(数字はいずれも暫定値)



 人身事故関係では死亡事故が1件、重傷事故が11件、軽傷事故が84件だった。このうちレンタカーの事故件数は11件。高齢者(65歳以上)の事故は前年比7件増加の30件で、全体の約35・7%を占めた。前年は約26・1%で、高齢者による事故が全体に占める割合も同比で増加した。


 人身事故は安全不確認が事故原因全体の約46%で、交差点での出会い頭の衝突が多く、平良地区が全体の約77%を占めたのが特徴。


 物件事故件数は17年が1555件と過去10年間で最多で、前年比270件の増加。物件事故に占める高齢者の割合は約23・1%と前年比で1・5ポイント増加した。物件事故の内訳はレンタカー事故が740件で全体の約47・59%を占めた。


 物件事故の特徴は、駐車場での事故が全体の約40%、単独事故が約46%を占めた。また、レンタカー事故件数の増加が物件事故総数の増加とほぼ同数だった。地区別では平良地区が全体の約70%を占めた。


 17年の交通違反関係の検挙者総数は2304人で、一時不停止が最も多く1093人、次いで携帯電話使用等が378人だった。飲酒運転の検挙者数は123人と100件を超え、このうち39人が逮捕された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!