08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
政治・行政 社会・全般
2010年10月17日(日)9:00

仲井真氏、正式に出馬表明/県知事選挙

「普天間」県外移設求める

記者会見で出馬表明する仲井真氏(中央)=16日、那覇市内のいとみね会館

記者会見で出馬表明する仲井真氏(中央)=16日、那覇市内のいとみね会館

 【那覇支社】11月28日投開票の県知事選挙で、現職の仲井真弘多氏(71)=無所属=が16日、那覇市内で記者会見を開き、正式に再選出馬を表明した。米軍普天間飛行場の移設先は、県外に求める考えを表明。有権者に対し「沖縄のこれからの道筋を示した沖縄21世紀ビジョンを実現するためにも、もう1期仕事をさせてほしい」と訴えた。


 普天間の名護市辺野古移設を明記した日米共同声明については、「声明を見直し、一日も早い危険性除去のために、県外に持って行ってもらいたい」と強調した。
 沖縄が65年間過剰に背負ってきた基地負担の大幅な軽減は「日本全体で努力してもらいたい」と語った。

 基地問題では、解決や前進、跡地利用の促進に力を入れていく方針を示した。
 自立経済の確立に向けては沖縄をアジア、太平洋の交流拠点に位置付けて、沖縄の誇りである文化や芸能、空手、スポーツを中心に盛り上げていくビジョンを明らかにした。

 マスコミとの質疑応答で「なぜ県内移設反対を明言しないのか」との問いに、仲井真氏は、「なぜ反対とか賛成の言葉を使わなければならないのか。県内は事実上無理だと言っている。運動論的な言葉を使う必要があるのか」と見解を示した。

 自民、公明の推薦に関しては「(普天間問題で)中央とねじれはあるかも知れない。しかし、県議会与党の意見も聞いて仕事はしてきた。微妙な色合いの違いはあるかも知れないが、乗り越えられると思う」と述べた。

 仲井真 弘多(なかいま・ひろかず) 1939(昭和14)年8月19日生まれ。那覇市出身。61年東大工学部卒。同年通商産業省入り。80年沖縄総合事務局通商産業部長。95年沖縄電力社長。01年県商工会議所連合会長。06年県知事に初当選。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!