2011年8月24日のニュース一覧

2011年8月24日(水) 09:00 [教育・文化, 環境・エコ]

ウリガーを守ろう/子ども博物館

藤田さん、環境悪化を指摘


参加した児童たちは各地の湧水に住む生き物たちの生態について学んだ=21日、平良、大和井

参加した児童たちは各地の湧水に住む生き物たちの生態について学んだ=21日、平良、大和井

 第4回子ども博物館(主催・市総合博物館)の「湧水の自然環境」が21日、平良・下地の両地区で行われた。小学生17人が参加し、野外の湧水(ゆうすい)でエビや魚などを見つけると大喜びし、身近な自然にもその環境に順応して力強く生きる生き物たちがいることを学んだ。

(全文を表示…)

2011年8月24日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

ゲームや踊りで交流/板倉区と城辺の児童たち

ゲームで交流を深める板倉区と城辺地区の子どもたち=23日、城辺小学校体育館

ゲームで交流を深める板倉区と城辺地区の子どもたち=23日、城辺小学校体育館

 交流事業で22日から来島している新潟県上越市板倉区の児童8人が23日、城辺小学校を訪問し、同地区内にある四つの小学校の児童と交流を深めた。児童たちは笑顔いっぱいの表情でゲームや踊りを楽しんだ。

(全文を表示…)

2011年8月24日(水) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

統合しても小規模校に/学校規模適正化 

課題の「複式学級」は解消


 市教育委員会がまとめた「市立学校長期計画」によると、同委員会が学校規模適正化に伴い統合を計画している各学校の児童数は軒並み大幅減少が見込まれていることが分かった。こうした状況から統合しても統合校は適正規模校とはならず、すべて小規模校となる見込みだ。一方で統合の最大の理由となっている複式学級については解消し、統合校の一部は1学年複数学級となることも見込まれている。

(全文を表示…)

2011年8月24日(水) 09:00 [社会・全般]

新たに2業者で流通判明/高濃度セシウム汚染腐葉土

メイクマン琉球肥料で 宮古店舗でも回収急ぐ


汚染腐葉土の県内流通2業者を発表した比嘉県農水部長(中)ら=23日、県庁内

汚染腐葉土の県内流通2業者を発表した比嘉県農水部長(中)ら=23日、県庁内

 【那覇支社】県は23日、緊急の記者会見を開き、高濃度放射性セシウムに汚染された県外産腐葉土が県内のメイクマン、琉球肥料で流通し販売されたと発表した。販売した2業者は自主回収を急いでいる。メイクマン宮古店でも販売した商品の回収などを行っている。

(全文を表示…)

2011年8月24日(水) 09:00 [教育・文化]

成長の証し、教育長に報告/マウイ島ホームステイ参加者10人

マウイ島でホームステイを体験した生徒たちと関係者ら=22日、市城辺庁舎

マウイ島でホームステイを体験した生徒たちと関係者ら=22日、市城辺庁舎

 ハワイ州・マウイ島ホームステイに派遣されていた平良中学校3年の平良花江さんら10人が22日、市城辺庁舎を訪ね、川上哲也教育長に研修体験を報告した。川上教育長は「お帰りなさい。これからは体験したことを友人や家族、地域に誇らしげに楽しく伝えてください」と激励した。

(全文を表示…)

2011年8月24日(水) 09:00 [産業・経済]

農家の人気高く74件受理/市のパイプハウス補助事業

11年度、高収益農業を後押し


補助対象と同じタイプのパイプハウス

補助対象と同じタイプのパイプハウス

 市のパイプハウス補助事業は2011年度も農家の人気が高く80件の申し込みがあった。農政課が、このほどまとめた。このうち受理した件数は74件。面積は2・625㌶で、パイプ購入費の30%の1809万円を農家に交付する。07~11年まで5年間の補助面積は21・42㌶と、収益性の高い施設園芸の発展を後押ししている。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年3月1日現在

    宮古島市 54,225 人
    27,176 人
    27,049 人
    世帯数 26,929 軒
    多良間村 1,169 人
    628 人
    541 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2011年8月
    « 7月   9月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2