2020年7月15日のニュース一覧

2020年7月15日(水) 09:00 [社会・全般]

宮古初 専門学校開校へ/琉球リハ運営法人、22年4月

市と協定締結 観光と医療福祉ミックス

80人規模 旧中央公民館を活用


専門学校設置に向けた協定を交わす儀間理事長(右)と下地市長=14日、市役所平良庁舎

専門学校設置に向けた協定を交わす儀間理事長(右)と下地市長=14日、市役所平良庁舎

 金武町などで専門学校琉球リハビリテーション学院を運営する学校法人智睛学園(儀間智理事長)は2022年4月に島内初の高等教育機関となる2年制の専門学校を開校する。障がいを持つ人に対応できる観光業従事者の育成を目指したカリキュラムで国内でも例がない新しい分野となる。14日、市役所平良庁舎で市と学校設置に向けた取り組みの協定を締結した。

(全文を表示…)

2020年7月15日(水) 08:59 [産業・経済]

葉タバコ買い入れ始まる/平均キロ単価2004円

反収低く、今後に期待/2020年産


20年産葉タバコの買い入れが始まった=14日、日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所(写真提供・JT沖縄地方原料本部)

20年産葉タバコの買い入れが始まった=14日、日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所(写真提供・JT沖縄地方原料本部)

 2020年産葉タバコの買い入れ作業が14日、平良西里の日本たばこ産業(JT)宮古葉たばこ取扱所で始まった。初日は平良地区で生産された38・8㌧を買い入れ、平均反収(10㌃当たり収量)は193㌔、平均キロ単価は2004円といずれも前期実績を下回る出だしとなった。今後の高値取引が期待される。買い入れは8月24日まで。

(全文を表示…)

2020年7月15日(水) 08:58 [産業・経済]

地産地消促進へ試食会/市観光推進協

冷凍刺身と取れ立て味比べ


試食会に参加した下地市長(右)=14日、伊良部漁協の食堂

試食会に参加した下地市長(右)=14日、伊良部漁協の食堂

 市観光推進協議会(会長・下地敏彦市長)は14日、伊良部漁業協同組合(伊良波宏紀組合長)が運営するおーばんまい食堂で「地産地消促進のための食材試食会」を開いた。ホテルや飲食、行政の関係者ら20人以上が参加。1カ月前の急速冷凍カツオ・マグロを使った刺し身と取れ立ての新鮮なカツオ・マグロの刺し身を味比べした。全員が「味は変わらない」と高く評価。同組合では、今後ホテルや飲食店へ安定品質のカツオ・マグロを安定的に供給していく方針だ。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和2年8月1日現在

    宮古島市 54,989 人
    27,771 人
    27,218 人
    世帯数 27,747 軒
    多良間村 1,104人
    598 人
    506 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2020年7月
    « 6月   8月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2