2011年7月29日のニュース一覧

2011年7月29日(金) 09:00 [スポーツ]

川満がプロテスト合格/女子ゴルフ

「皆さんに恩返しできた」


川満陽香理

川満陽香理

 日本女子プロゴルフ協会のプロテスト最終日は28日、奈良県のグランデージゴルフ倶楽部(6478ヤード、パー72)で行われ、宮古島市平良出身の川満陽香理(24)が6位タイに入り、合格を果たした。4回目の挑戦で夢をつかんだ川満は「まだ実感はないがうれしい。宮古で練習環境を与えてくれた皆さんに恩返しすることができた」と喜びを語った。宮古出身者の合格は初めて。

(全文を表示…)

2011年7月29日(金) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

「基地の現状を取材したい」

宮古地区豆記者7人が抱負/東京、釧路など視察へ


本土派遣の豆記者の皆さん。後列左から2人目は長濱副市長。同3人目は本村会長=28日、市役所平良庁舎

本土派遣の豆記者の皆さん。後列左から2人目は長濱副市長。同3人目は本村会長=28日、市役所平良庁舎

 第50次本土派遣宮古豆記者7人が28日、出発に先立ち市役所平良庁舎に長濱政治副市長を訪ね、取材活動に臨む意気込みを話した。豆記者たちは30日に宮古島を出発し、世田谷区長や東宮御所などを訪問する予定。8月2日には菅直人首相を表敬訪問する。

(全文を表示…)

2011年7月29日(金) 09:00 [産業・経済]

下地島空港内を農薬散布へ/市、県、製糖工場が合同で

バッタ発生源の草地270㌶


バッタが発生するキビ畑に向け農薬を散布する大型送風散布機=28日、下地島

バッタが発生するキビ畑に向け農薬を散布する大型送風散布機=28日、下地島

 伊良部の下地島でサトウキビに食害を与える害虫トノサマバッタが異常発生している問題で県と市、宮古製糖伊良部工場などの関係者らは28日までに会合を開いた結果、30、31の両日、バッタの発生源である下地島空港滑走周辺の草地約270㌶で大掛かりな農薬散布を実施することを決めた。草地では幼虫バッタが無数に発生しており、農薬散布による根絶でキビ畑への飛散防止を図る狙いがある。合同で農薬散布に乗り出すのは初めてとなる。

(全文を表示…)

2011年7月29日(金) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

多良間にも遊びに来て

航空運賃低減化で利用呼び掛け 県企画部がキャンペーン


左からキャンペーンポスターに登場する久米島町立仲里小4年の吉永玲音君、山城いずみさん、新垣梨子さん

左からキャンペーンポスターに登場する久米島町立仲里小4年の吉永玲音君、山城いずみさん、新垣梨子さん

 【那覇支社】県企画部(川上好久部長)は28日、県庁記者会見室で、多良間島など小規模離島の航空運賃大幅値下げのキャンペーン「沖縄小さな島物語」(小規模離島航空路利用活性化事業)のPRを行った。

(全文を表示…)

2011年7月29日(金) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

固定資産税延滞金を過徴収

105万円 長濱副市長らが謝罪


市税の過大徴収で謝罪する長濱副市長(右)、安谷屋総務部長(中央)と仲宗根納税課長=28日、市役所平良庁舎

市税の過大徴収で謝罪する長濱副市長(右)、安谷屋総務部長(中央)と仲宗根納税課長=28日、市役所平良庁舎

 長濱政治副市長は28日、市役所平良庁舎で会見を開き、電算システムの不具合から固定資産税の延滞金を過徴収したとして謝罪した。現在明らかになっている過徴収分の金額は105万円で、26日に納付した事業所の指摘を受け納税課が調査し、同日過大に徴収したことが判明した。

(全文を表示…)

2011年7月29日(金) 09:00 [産業・経済]

12万円上限に奨励金/県畜産公社

8月1日から第1回申請 宮古の対象牛は約500頭


 県畜産振興基金公社は、脂肪交雑の育種価(遺伝能力)の高い母牛の産んだ雌子牛を売らないで保留する農家に、12万円を上限に奨励金を交付する新規事業をスタートさせ、第1回申請を8月1日~同12日までJAの窓口で受け付ける。対象母牛は脂肪交雑(霜降り)の育種価が、県内の上位2000番以内にランクされている牛。宮古では、496頭(宮古島市438頭、多良間村58頭)がリストアップされている。

(全文を表示…)