2012年8月31日のニュース一覧

2012年8月31日(金) 22:46 [私見公論]

芸術って何だ?/仲間 伸恵

私見公論 45


 芸術とは何かなんて、たいそうなことを、思い切ってちょっと考えてみましょう。


 美術系の学校を選び、仕事としてもずっとそのような道を歩いてきたにもかかわらず、「芸術」という言葉を使うことを、いつも気恥ずかしく思ってしまうのはなぜなのでしょう。偏見かもしれないけれど、世の中にときどき存在する、芸術だアートだと言えば何でも許されると思っているような傲慢な感じが嫌なのと、なんだか大げさな気がするからというのもありますが、本当の理由は、自信がなくて、その言葉に対して自分自身が真摯に向き合うことを避けてきたということなのだと思います。

(全文を表示…)

2012年8月31日(金) 22:45 [人(ひと)]

宮古島漁協組合長/粟国雅博さん(44歳)

職員の意識改革に全力


粟国雅博さん

粟国雅博さん

 「大変な時に組合長になったが、やりがいがある。仕事に一生懸命取り組む。一番大事なことは職員の意識改革。漁協の株主である組合員の立場になり、漁協の業務内容の現状を分かりやすい言葉で説明できるようにする」。改革に向け決意を新たにしている。

(全文を表示…)

2012年8月31日(金) 22:43 [ニュースウィークリー]

8月26日~8月31日

ニュースウィークリー
8月26日~8月31日


キビ植え手伝い子どもたち奮闘/両親「助かる」と感謝

 夏休み終盤となった25日、サトウキビの夏植えを手伝う子どもたちが各地で見られた。城辺西城学区長南の田名清記さん(49)の畑では長男の壮一郎君(宮古総実高校3年)と、おいの寄川騰冶君(西辺中2年)、田名まさむね君(西城小2年)が暑い中、頑張った。キビ植えを手伝う子どもたちの姿は、宮古の夏の風物詩で両親も子どもたちの手伝いに感謝していた。(8月26日掲載)

(全文を表示…)

2012年8月31日(金) 09:00 [地域・暮らし]

100歳以上は54人/市主催敬老会

70歳以上1万144人/来月13、14、17日に開催


 今年度中に70歳以上となる市民を対象とした宮古島市主催の敬老会が、下地、上野、城辺の各地区は9月13日、平良地区は同14日、伊良部地区は同17日に開催される。7月31日現在で、70歳以上の市民は1万144人。そのうち100歳以上は54人となっている。

(全文を表示…)

2012年8月31日(金) 09:00 [産業・経済]

宮古牛の地産地消進む/精肉の島内流通活発

商標登録やイベント奏功


地産地消が進む宮古牛=JAおきなわ野田畜産センター

地産地消が進む宮古牛=JAおきなわ野田畜産センター

 昨年正式に商標登録された「宮古牛」の地元消費が活発だ。2011年度、宮古に供給された宮古牛の頭数は計100頭で、前年度に比べて35頭増えた。市内に出回った精肉量は35㌧で前年より10㌧も多い流通量だった。同じく商標登録された「宮古んま牛」を活用した事業展開や行政機関によるPRイベント、食肉のスムーズな流通が増加の要因とみられる。今年も堅調な消費が続いており、地産地消の拡大と宮古牛のブランド化に向けて追い風が吹いている。

(全文を表示…)

2012年8月31日(金) 09:00 [地域・暮らし]

図書館で宿題追い込み/児童生徒

夏休みきょうまで


夏休みの宿題に取り組む子どもたち=30日、平良図書館

夏休みの宿題に取り組む子どもたち=30日、平良図書館

 夏休みもきょう31日で終わり。土、日曜日を挟み9月3日からは多くの小、中、高校で2学期がスタートする。

(全文を表示…)

2012年8月31日(金) 09:00 [地域・暮らし]

旧盆商品搬入にぎわう

各店舗、ほっと一安心


品切れ、品薄が深刻だった果物も大量に入荷し、店内は買い物客でにぎわった=30日、市内の大型スーパー

品切れ、品薄が深刻だった果物も大量に入荷し、店内は買い物客でにぎわった=30日、市内の大型スーパー

 台風14、15号の影響で旧盆商戦を前に船舶が長期間入港できずに品切れ、品薄状態が続いていた大型スーパーに30日、船舶の入港に伴って大量の商品が搬入された。

(全文を表示…)

2012年8月31日(金) 09:00 [社会・全般]

交通マナーの啓発へ/宮古島署が伝達

アドバイザー3人に委嘱状


宮城署長(左)から伝達を受けたアドバイザーの皆さん(中央の3人)。右は照屋隆副署長=30日、宮古島署

宮城署長(左)から伝達を受けたアドバイザーの皆さん(中央の3人)。右は照屋隆副署長=30日、宮古島署

 宮古島署(宮城英眞署長)で30日、県警本部長からの交通アドバイザー委嘱状伝達式が行われた。委嘱を受けたのはアイランダー・アーティストの下地暁さん、エフエムみやこの與那覇光秀さんと伊波里菜子さんの3人。伊波さんは初めての委嘱。任期は2012年7月23日から1年間。

(全文を表示…)

2012年8月31日(金) 09:00 [地域・暮らし]

ご馳走供え先祖供養/家族で旧盆のンカイ

絆深め、一族の健康願う


先祖の霊に手を合わせ一族の健康を願った=30日、平良の友利博さん宅

先祖の霊に手を合わせ一族の健康を願った=30日、平良の友利博さん宅

 旧盆の「迎え日」に当たる30日、ヤームトゥ(本家)などでは後生(あの世)から先祖の霊を迎え仏壇にご馳走を供えて、家族・親戚そろって手を合わせた。先祖の霊を供養する年中行事で、宮古では「ストゥガツ」と呼ぶ。旧盆は3日続き2日目は「ナカビ」、3日目は「ウフイユー」と称し、夜遅くに神様を送る。

(全文を表示…)