2018年7月のニュース一覧

2018年7月22日(日) 09:00 [イベント]

今年は大漁に/宮古島夏まつり大綱引き

西軍が5連勝果たす


こん身の力で綱を引く西軍。2勝1敗で5連覇を達成した=21日夜、市公設市場前交差点

こん身の力で綱を引く西軍。2勝1敗で5連覇を達成した=21日夜、市公設市場前交差点

 宮古島夏まつり2018(主催・同実行委員会)の2日目が21日午後5時から開催された。初日同様、西里、市場、下里の3通りが歩行者天国となったほか、パレードやダンスショーなども披露された。そして午後7時40分ごろからは夏まつりのメインイベントである東西大綱引きが行われ、東軍が五穀豊穣、西軍が大漁を願って綱を引き合った結果、2勝1敗で4連勝中の西軍に軍配が上がり5連勝を達成。向こう1年間の大漁が約束された。

(全文を表示…)

2018年7月22日(日) 08:59 [イベント]

勇壮演舞に優雅な舞/宮古島夏まつりパレード

5団体が練り歩く


琉球国祭り太鼓宮古支部が勇壮な演舞でパレードの先陣を切った=21日、下里通り

琉球国祭り太鼓宮古支部が勇壮な演舞でパレードの先陣を切った=21日、下里通り

 宮古島夏まつり20182日目の21日、パレードが行われた。5団体が参加。それぞれの特色を表現しながら踊りや演舞などを披露した。沿道には市民や観光客らが詰め掛けて声援を送った。

(全文を表示…)

2018年7月22日(日) 08:58 [産業・経済]

大物マグロ上場が急増/宮古島漁協

大漁で昨年7月の2倍


大物キハダマグロが水揚げされ活気づく荷川取漁港=17日、平良荷川取

大物キハダマグロが水揚げされ活気づく荷川取漁港=17日、平良荷川取

 今月に入ってから、宮古島漁協のセリ市場には大物キハダマグロ(1匹当たりの重さ40㌔以上)の上場が急増している。21日時点の取扱量は昨年7月分と比べ2倍の30㌧で推移。キロ単価は最高1200円、最低は310円と大きく変動している。今後好天が続いた場合、7月の単月では過去最高の30㌧以上が予想されている。

(全文を表示…)

2018年7月22日(日) 08:57 [教育・文化, 社会・全般]

9月に校名を募集/城辺統合中

第1回検討部会開く


 城辺地区統合中学校の開設に向けた実施計画(校名・校章・校歌制服等)の制定を目的とした各種課題を多方面から調べる第1回検討部会が19日、市役所城辺庁舎で行われた。部会長には砂川芳広砂川中学校長が就任。保護者や教諭などで構成するメンバーは、今後のスケジュールなどについて確認した。新設される中学校の校名については今後、募集するとし、その要項についても確認した。募集内容は、新中学校の校名とその校名にした理由で、募集期間は今年の9月5日~同25日まで。

(全文を表示…)

2018年7月22日(日) 08:56 [社会・全般]

エコ活動に役立てて/イオン琉球

WAON決済金一部を寄付


マックスバリュ先島運営部長の大城さん(中央右)から長濱副市長に寄付金が贈呈された=21日、下里公設市場前の特設ステージ

マックスバリュ先島運営部長の大城さん(中央右)から長濱副市長に寄付金が贈呈された=21日、下里公設市場前の特設ステージ

 イオン琉球(本社南風原町、佐方圭二社長)は21日、電子マネー「WAON」カードを利用して支払われた金額の0・1%に当たる87万円余を宮古島市に寄付した。寄付金は市のエコ活動に役立てられる。

(全文を表示…)

2018年7月22日(日) 08:55 [教育・文化]

医療現場でドクター体験/宮古島徳洲会病院

医師目指す中学生14人


増成院長(中央)が子供たちに内視鏡胃カメラ操作を分かりやすく指導した=21日、宮古島徳洲会病院

増成院長(中央)が子供たちに内視鏡胃カメラ操作を分かりやすく指導した=21日、宮古島徳洲会病院

 宮古島徳洲会病院(増成秀樹院長)は21日、宮古島ジュニアドクター体験セミナーを開催した。医師を目指している、または医師の仕事に興味がある中学生14人が参加。内視鏡や救急、手術の3部門の医療現場で摸擬体験をした。

(全文を表示…)

2018年7月22日(日) 08:54 [ニュースウィークリー]

【ニュースウィークリー】7月15日~7月21日

宮古島市、23校132カ所で不適合/学校のブロック塀

 宮古島市立幼稚園や小、中学校でブロック塀がある31校のうち、約74%に当たる23校の132カ所(延長6760㍍)で建築基準法に適合しないとみられる塀があったことが14日までに分かった。市町村別では那覇市の43校に次いで2番目に多い。劣化がみられる塀は26校で129カ所だった。(7月15日掲載)

(全文を表示…)

2018年7月21日(土) 09:00 [イベント]

繁栄願いクイチャー奉納/宮古島夏まつり始まる

きょうは東西大綱引き


島の繁栄を願うクイチャーを奉納し、宮古島夏まつりが始まった=20日、漲水神社

島の繁栄を願うクイチャーを奉納し、宮古島夏まつりが始まった=20日、漲水神社

 宮古島夏まつり2018(主催・同まつり実行委員会)が20日、3日間の日程で始まった。台風10号の影響も心配されたが初日は漲水御嶽と宮古神社で豊年祈願祭が行われ、女性たちがクイチャーを奉納し五穀豊穣と無病息災を祈願した。午後6時からは西里、市場、下里の3通り商店街で歩行者天国が実施された。また、第代ミス宮古島のお披露目も行われたほか、会場には多くの観光客や浴衣姿の家族連れらでにぎわった。2日目は東西大綱引きが予定され、最終日の22日は花火ショーも行われる。

(全文を表示…)

2018年7月21日(土) 08:59 [イベント]

楽しいね歩行者天国/宮古島夏まつり

屋台やゲーム満喫/家族連れなどでにぎわう


宮古島夏まつりがスタート。多くの人出でにぎわう歩行者天国=20日、西里通り

宮古島夏まつりがスタート。多くの人出でにぎわう歩行者天国=20日、西里通り

 宮古島の夏の恒例イベント、宮古島夏まつり2018(主催・同まつり実行委員会)が20日、開幕した。初日は午後6時から西里、市場、下里の3通りが歩行者天国となったほか、路上パフォーマンスや児童駅伝大会などが行われた。浴衣や甚平など、夏らしい姿で夜店やパフォーマンスを楽しむ人たちでにぎわいを見せた。

(全文を表示…)

2018年7月21日(土) 08:58 [イベント]

“宮古ブルー”PRへ/第45代ミス宮古島発表会

第45代ミス宮古島の(左から)友部湖衣子さん、武富澪さん、下地千都勢さん。それぞれ観光振興に全力を尽くすと決意した=20日、下里公設市場前の特設ステージ

第45代ミス宮古島の(左から)友部湖衣子さん、武富澪さん、下地千都勢さん。それぞれ観光振興に全力を尽くすと決意した=20日、下里公設市場前の特設ステージ

 宮古島夏まつり初日の20日、第45代ミス宮古島の発表会が下里公設市場前の特設ステージであり、ミスサンゴの友部湖衣子さん、ミスティダの武富澪さん、ミスブーゲンビレアの下地千都勢さんの3人が初めてお披露目された。3人は宮古島の海を象徴する「宮古ブルー」のPRに全力を尽くすと決意を話し、一層の観光振興を約束した。

(全文を表示…)

2018年7月21日(土) 08:57 [社会・全般]

アオドウガネ 平年比2倍/注意報発表

誘殺灯の減少など要因か


アオドウガネが増加しており誘殺灯の減少が要因の一つに挙げられている(資料写真)

アオドウガネが増加しており誘殺灯の減少が要因の一つに挙げられている(資料写真)

 サトウキビの根を食害するアオドウガネの成虫捕獲数が平年の約2倍で推移している。県病害虫防除技術センターの予察灯による調査で分かった。増加の要因は誘殺灯の減少や株出し栽培面積の拡大などが挙げられている。同センターは19日に注意報を発表。培土時期における粒剤処理などを呼び掛けている。

(全文を表示…)

2018年7月21日(土) 08:56 [教育・文化]

チャレンジの夏休みへ/各小中高校で終業式

子供たちワクワク


1学期の思い出などを発表する児童代表=20日、北小学校体育館

1学期の思い出などを発表する児童代表=20日、北小学校体育館

 宮古島市内の小、中、高校で20日、1学期の終業式が行われた。児童、生徒たちは1学期の出来事や思い出を振り返るとともに、これから始まる長い夏休みに期待を膨らませていた。

(全文を表示…)

2018年7月21日(土) 08:55 [産業・経済]

施肥、土寄せの徹底を/きび技術員会

春植えの管理方法示す


被害が大きい春植え圃場の管理方法を説明するさとうきび技術員会のメンバー=20日、県宮古合同庁舎

被害が大きい春植え圃場の管理方法を説明するさとうきび技術員会のメンバー=20日、県宮古合同庁舎

 台風8号の直撃に伴う春植えのサトウキビ被害を受け、宮古地区さとうきび技術員会(神里春樹会長)は20日午後、県宮古合同庁舎で開いた会見で今後の管理方法を示した。現状のまま栽培する場合は鶏糞や施肥及び地際の土寄せを行うよう助言、状況次第では株出し処理の実践も勧めた。

(全文を表示…)

2018年7月21日(土) 08:54 [行雲流水]

【行雲流水】(危険な暑さ)

 「熱射病で小1死亡」読売新聞(デジタル)7月18日の配信記事です。校外学習で出発した午前10時の気温は32度を超えていた。児童らは帽子をかぶり、水筒を持って出かけたが、男子児童(6歳)が疲れたと訴えて学校に戻り担任が話しかけているうちに意識を失い病院に搬送されたが死亡が確認された

(全文を表示…)

2018年7月20日(金) 09:00 [社会・全般]

18年産葉タバコ買い入れ開始/初日キロ単価は1981円

反収は平均256㌔


運び込まれる葉タバコを鑑定するJTの鑑定員=19日、平良西里の日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所

運び込まれる葉タバコを鑑定するJTの鑑定員=19日、平良西里の日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所

 前日、機械トラブルのため行えなかった2018年産葉タバコの買い入れが19日、平良西里の日本たばこ産業(JT)宮古葉たばこ取扱所で始まった。初日は下地地区の4農家から45・13㌧、計9700万6223円を買い入れた。反収(10㌃当たりの収量)は平均256㌔、平均キロ単価は1981円だった。買い入れは9月5日までを予定している。


(全文を表示…)

2018年7月20日(金) 08:59 [社会・全般]

卓越した技術たたえる/本間組、大米建設を表彰

平良港湾事務所


林所長(前列中央)から表彰を受けた皆さんと関係者ら=19日、平良港湾事務所

林所長(前列中央)から表彰を受けた皆さんと関係者ら=19日、平良港湾事務所

 平良港湾事務所優良業者等表彰式が19日、同事務所で行われ、平良港(漲水地区)岸壁(マイナス7・5㍍)(改良)(耐震)舗装工事を実施した、本間組・大米建設特定建設工事共同企業体が、工事施工にあたり卓越した技術と旺盛な責任感で完遂したとして優良事業者表彰を受賞した。


(全文を表示…)

2018年7月20日(金) 08:58 [イベント]

きょうから宮古島夏まつり/最終日に初の花火ショー

台風次第で予定変更も


夏まつり日程2018

夏まつり日程2018

 宮古島夏まつり2018(主催・同まつり実行委員会)がきょう20日から3日間の日程で始まる。20日は予定通り行われるが、21日は台風10号の接近に伴い暴風警報が発令された場合はこの日の日程は22日に延期される。最終日の花火ショーは行われる予定となっている。


(全文を表示…)

2018年7月20日(金) 08:57 [社会・全般]

台風10号が発生/宮古島地方気象台

発達しながら北北西に


10号進路図

10号進路図

 気象庁は18日午後9時、フィリピンの東で台風10号が発生したと発表した。台風10号は20日には発達しながら北北西に進む見込み。21日には沖縄地方に接近する恐れもあるため、宮古島地方気象台は台風の最新情報に留意するよう呼び掛けている。


(全文を表示…)

2018年7月20日(金) 08:56 [社会・全般]

1000回記念で歴代会長表彰

宮古島倫理法人会モーニングセミナー


表彰も行われた1000回記念のモーニングセミナー=19日、市内のホテル

表彰も行われた1000回記念のモーニングセミナー=19日、市内のホテル

 宮古島倫理法人会(坂口順子会長)の第1000回記念経営者モーニングセミナーが19日午前6時から市内のホテルで開催された。


(全文を表示…)

2018年7月20日(金) 08:56 [はばたけあすの顔]

【はばたけあすの顔】夏休みを心待ち/佐良浜小学校1年1組

男子9人、女子11人


佐良浜小学校1年1組

佐良浜小学校1年1組

 佐良浜小学校1年1組は男子9人、女子11人で合計20人のクラス。きょうで1学期を終えあすから夏休みに入る。「夏休みに楽しみにしていることは?」(久志先生)。「海やプールに行く」「いとこが沖縄から来る」「沖縄にいる姉さんの所に行く」「夜クワガタを捕りに行く」。児童たちは、それぞれ夏休みを心待ちにしている。


(全文を表示…)

2018年7月20日(金) 08:55 [社会・全般]

宮古地区3社に表彰状/県農林水産部

優良建設業者・技術者


島尻部長(前列右から2人目)から表彰状を贈られた優良建設業者と技術者=19日、県庁

島尻部長(前列右から2人目)から表彰状を贈られた優良建設業者と技術者=19日、県庁

 【那覇支社】県農林水産部(島尻勝広部長)は19日、同部発注の建設工事で優秀な成績を収めた優良建設業者と技術者を表彰する「2018年度県農林水産部優良建設業者等表彰式」を、県庁で行った。宮古地区からは、知事表彰で冨廣建設(冨永廣次社長)と池間浩樹主任技術者(同社)、共和産業(下地武義社長)と内間克成現場代理人(同社)が選ばれたほか、部長表彰にも丸統重機土木(山内将史社長)と根間玲奈現場代理人(同社)が入った。


(全文を表示…)

2018年7月19日(木) 09:00 [環境・エコ]

島の固有種保全で連携

生息状況や生態把握へ/官学の関係者が連絡会議


ミヤコカナヘビなど宮古固有種の保全策について、関係機関が報告を行い意見を交換した連絡会議=18日、市クリーンセンター

ミヤコカナヘビなど宮古固有種の保全策について、関係機関が報告を行い意見を交換した連絡会議=18日、市クリーンセンター

 宮古島の希少種保全、外来種問題(イタチ、クジャク)に係る複数の事業関係者による連絡会議が18日、市生活環境部環境衛生課(市クリーンセンター)で行われた。絶滅危惧種に指定されている「ミヤコカナヘビ」など島の固有種保全に向けた会合で、生息状況や生態の特徴、イタチやクジャクなど外来種による捕食の実態なども把握する。この日は、関係機関がより連携を密にして種の保全に取り組んでいくことを確認した。

(全文を表示…)

2018年7月19日(木) 08:59 [産業・経済]

春植え被害一部で深刻/サトウキビ

台風直撃 折損多く/技術員会開き対応協議へ


台風被害が大きいサトウキビの春植え圃場。被害状況を調べる県農業共済組合宮古支所の職員=18日、城辺長間

台風被害が大きいサトウキビの春植え圃場。被害状況を調べる県農業共済組合宮古支所の職員=18日、城辺長間

 台風8号の直撃で、春植えのサトウキビ畑で被害が広がっている。比較的植え付けが遅くなった圃場を中心に折損が多く、ひどい圃場では被害率が70%にも及ぶ。今期は春植えの面積が拡大しているだけに収量や品質に与える影響が懸念される。行政や関係団体で構成されるさとうきび技術員会は19日、緊急の会合を開いて対応を協議する。

(全文を表示…)

2018年7月19日(木) 08:58 [社会・全般]

安全な乗り方広める/砂川小

自転車大会準優勝を報告


県子ども自転車大会で準優勝した砂川小の児童と関係者=18日、宮古島署

県子ども自転車大会で準優勝した砂川小の児童と関係者=18日、宮古島署

 第42回県子ども自転車大会(15日、豊見城市の県警察運転免許センターで開催)の団体の部で、3年連続準優勝した砂川小学校の児童6人が18日、宮古島署を訪れ、前花勝彦署長に成績を報告した。児童たちは応援に感謝するとともに、後輩たちに自転車の安全な乗り方を指導、広めていくことに決意を示した。

(全文を表示…)

2018年7月19日(木) 08:58 [産業・経済]

宮古で貸家着工が急増

貸家の着工戸数

貸家の着工戸数

5月で昨年全体を上回る/NIAC発表


 【那覇支社】南西地域産業活性化センター(NIAC)は17日、沖縄経済レビュー「貸家建設の動向」を発表した。宮古圏域の貸家(公営住宅などを含む)着工戸数は、17年に前期比2倍に伸びたほか、今年に入ってからは増加傾向を強め、5月までで昨年全体を上回った。貸家以外でも、昨年の同時期はなかった給与住宅の建設が164戸(1~5月)と、県内の大半を占めた。

(全文を表示…)

2018年7月19日(木) 08:57 [社会・全般]

加盟店舗で義援金募る/社交飲食業組合

西日本豪雨被災者支援


会見で義援金募金箱設置の取り組みを発表する奥平組合長(中央)と組合員=18日、市内飲食店

会見で義援金募金箱設置の取り組みを発表する奥平組合長(中央)と組合員=18日、市内飲食店

 宮古島社交飲食業組合(奥平玄信組合長)は18日、市内の飲食店で記者会見し、西日本豪雨の被災者支援のため義援金を募る募金箱を組合加盟店舗に設置し、利用客に協力を呼び掛けていくと発表した。

(全文を表示…)

2018年7月19日(木) 08:56 [社会・全般]

70年代宮古の祭祀撮影/上井さんの写真集寄贈

編集者の比嘉さん市教委へ


奥平さん(右)と寄贈に訪れ、宮國教育長(左から2人目)と下地明生涯学習部長(左)に写真集を手渡す比嘉さん=18日、教育長室

奥平さん(右)と寄贈に訪れ、宮國教育長(左から2人目)と下地明生涯学習部長(左)に写真集を手渡す比嘉さん=18日、教育長室

 1970年代の宮古島の祭祀(さいし)などを撮影してきた故上井(うわい)幸子さんの写真を、写真家の比嘉豊光さんが編集し出版させた写真集「太古の系譜 沖縄宮古島の祭祀」が市内の小中学校などに寄贈された。贈呈式が18日、市役所城辺庁舎で行われ、比嘉さんから宮國博教育長に写真集が手渡された。

(全文を表示…)

2018年7月19日(木) 08:54 [お母さんと一緒]

【おかあさんといっしょ】みんなに優しい子に

▽谷口 洸樹くん(2つ)
▽お母さん・梓さん


谷口洸樹くん(2つ)お母さん・梓さん

谷口洸樹くん(2つ)お母さん・梓さん

 洸樹くんはトミカが大好き。最初は写真撮影を嫌がっていたが、お母さんの梓さんの「洸樹、写真撮ったらトミカがもらえるよ」の一言に機嫌を直してくれた。

(全文を表示…)

2018年7月18日(水) 09:00 [産業・経済]

肉用牛競り18年上半期 販売額22億9300万円

前年比べ9500万円減/子牛平均価格は72万円


牛競り表

牛競り表

 JAおきなわ宮古地区畜産振興センター17日までに、宮古、多良間の両家畜市場の2018年上半期(1~6月)の肉用牛競り販売実績をまとめた。全体の販売額は22億9300万円で前年と比べて9500万円の減少だが、年間40億円の達成に向けては計画通りに推移している。子牛1頭平均価格は前年比3万9415円安となる71万9559円。枝肉相場の下げ傾向が反映されている。

(全文を表示…)

2018年7月18日(水) 08:59 [社会・全般]

飲酒運転の根絶を

ティッシュケースで訴え/宮古島署など


飲酒運転根絶ティッシュケースを配布し、協力を依頼する新里会長(右)と前花署長(同2人目)ら=17日、市内の飲食店

飲酒運転根絶ティッシュケースを配布し、協力を依頼する新里会長(右)と前花署長(同2人目)ら=17日、市内の飲食店

 本格的な夏を迎え、飲酒の機会が増えることが予想されることから宮古島署(前花勝彦署長)と宮古島地区交通安全協会(安協)は17日、「飲酒運転根絶ティッシュケース配布作戦」を実施した。宮古島署員や安協の職員、交通ボランティアらが、西里通りと下里通り周辺の飲食店を回り、ボックスティッシュにかぶせるティッシュケースを配布し、飲酒運転根絶への協力を呼び掛けた。

(全文を表示…)