2013年4月のニュース一覧

2013年4月17日(水) 23:24 [お母さんと一緒]

こわがり、乗り越えたよ

▽友利 こはねちゃん(3つ)
▽お母さん・珠希さん


友利 こはねちゃん(3つ)お母さん・珠希さん

友利 こはねちゃん(3つ)お母さん・珠希さん

 こはねちゃんは今年4月から現在の保育所に通っているが、沖縄本島に住んでたこともあり、保育所も4度移った。そのせいか、とても慣れた様子で、伸び伸び遊ぶ。でも、お母さんの珠希さんは「初めはこわがりで人見知り。ブランコや滑り台もまともに遊べなかったです」と言う。それが大きく変化、今はジャングルジムを軽々と登ったり、滑り台も頭から滑ったりといった具合に成長をみせる。

(全文を表示…)

2013年4月17日(水) 09:00 [産業・経済]

主航路部つながる/伊良部大橋

開通へ大きく前進/大型クレーン船で架設


大型クレーンで中央径間部箱桁が降ろされ主航路部3径間がつながった=16日、トゥリバー地区から

大型クレーンで中央径間部箱桁が降ろされ主航路部3径間がつながった=16日、トゥリバー地区から

 伊良部大橋主航路部中央径間の架設工事が16日、約6時間かけて行われ開通に向け大きく前進した。大型浮きクレーン船による中央径間箱桁の架設工事は同日午前9時すぎに作業を開始、午後3時30分ごろ完了した。クレーン船は午後6時に下崎埠頭に戻った。主航路部は航路をまたぐ3径間連続鋼床版箱桁橋で、伊良部側と平良側は昨年4~5月にかけて架設を行った。中央径間部は昨年6月の台風4号の接近に伴い、大型クレーン船が兵庫県の基地港に避難したことから、架設が約1年間停滞していた。

(全文を表示…)

2013年4月17日(水) 09:00 [社会・全般]

交通安全ストラップ贈る/青潮園

鏡原小新1年生33人に


交通安全ミニランドセルストラップを寄贈後、記念撮影が行われた=16日、鏡原小学校

交通安全ミニランドセルストラップを寄贈後、記念撮影が行われた=16日、鏡原小学校

 障害者総合支援施設「青潮園」(垣花玄啓施設長)内にある就労継続支援B型青潮園(下地勝男所長)は利用者の我那覇和哉さん、高江洲恵子さん、根間眞理子さんの3人が手作りした交通安全ミニランドセルストラップ33個を16日、鏡原小学校(永松才昜校長)の新1年生33人に寄贈し喜ばせた。寄贈は今回が初めて。

(全文を表示…)

2013年4月17日(水) 09:00 [環境・エコ]

環境に優しいトライ大会に

本土の企業が排出権寄付


右から下地信男市観光商工局長、下地市長、本澤マネジャー、古堅宗和市企画政策部長=16日、市役所市長室

右から下地信男市観光商工局長、下地市長、本澤マネジャー、古堅宗和市企画政策部長=16日、市役所市長室

 環境ビジネス専門コンサルタント会社・カーボンフリーコンサルティング(本社神奈川県、中西武志社長)は16日、トライアスロン宮古島大会参加者の移動や滞在によって排出する二酸化炭素(CO2)相当量のオフセット・クレジット(排出権)を市に寄贈した。同排出権は、宮古森林組合の植林や東日本大震災被災地の省エネプロジェクトに活用する。

(全文を表示…)

2013年4月17日(水) 09:00 [社会・全般]

市民、「39年の計」見守る/伊良部大橋

夢の大橋連結「感無量」/見学会場に大勢の人


下地市長(手前)、當銘県土建部長らが中央桁架設工事の様子をつぶさに見守った=16日、伊良部大橋建設現場の見学会場

下地市長(手前)、當銘県土建部長らが中央桁架設工事の様子をつぶさに見守った=16日、伊良部大橋建設現場の見学会場

 伊良部大橋主航路部の最中央桁架設工事が行われた16日、伊良部大橋建設事務所の見学会場には大勢の市民が訪れた。下地敏彦市長、長濱政治副市長、下地康教建設部長ら市三役と幹部職員、當銘健一郎県土木建築部長らが中央桁の架かる瞬間を見守るために建設現場を訪れた。1974年の旧伊良部町陳情要請から39年、「夢の大橋」連結に会場は「感無量」の声が響いた。

(全文を表示…)

2013年4月17日(水) 09:00 [環境・エコ]

花木9900本を配布/グリーン・コミュニティ事業

365日花いっぱいの島へ


花の苗を受け取った友利教頭(左)ら=16日、宮古森林組合のハウス

花の苗を受け取った友利教頭(左)ら=16日、宮古森林組合のハウス

 宮古森林組合が県緑化推進委員会からグリーン・コミュニティ支援事業の委託を受けて2012年度に生産・配布した草花や花木の苗は、9万9340本に上ったことが、同組合のまとめで分かった。配布先は学校や自治会、ボランティア団体など、延べ186団体。同事業の利用団体は増加傾向にあり、12年度は11年度の76団体と比べ2・4倍に増えた。3年間では、24万7157本を無料配布した。

(全文を表示…)

2013年4月16日(火) 18:57 [【特集】イベント・行事, 特集]

青い海、白い砂浜PR/前浜ビーチで海びらき

第35回宮古島の海びらきが7日、与那覇前浜ビーチで開催された。会場に多くの市民や観光客が訪れ、宝探しやクルマエビのつかみ取りなど多彩な催しを楽しんだ。その模様を写真で紹介する。

ミス宮古らが海びらきを宣言。関係者がテープカットで夏の到来を告げた=7日、与那覇前浜ビーチ

ミス宮古らが海びらきを宣言。関係者がテープカットで夏の到来を告げた=7日、与那覇前浜ビーチ


初泳ぎで子どもたちは元気に水を掛け合った

初泳ぎで子どもたちは元気に水を掛け合った


ツカサが関係者とともに向こう1年の海の安全を祈願した

ツカサが関係者とともに向こう1年の海の安全を祈願した

主催者あいさつをする豊見山会長

主催者あいさつをする豊見山会長


来賓祝辞を述べる下地市長

来賓祝辞を述べる下地市長

沖縄観光コンベンションビューローの安里会長が祝辞を述べた

沖縄観光コンベンションビューローの安里会長が祝辞を述べた

生きクルマエビのつかみ取りは大人気

生きクルマエビのつかみ取りは大人気

「クルマエビ捕まえたよ」と笑顔で見せる少女

「クルマエビ捕まえたよ」と笑顔で見せる少女

特設舞台のアトラクションにカメラを向ける参加者ら

特設舞台のアトラクションにカメラを向ける参加者ら

ジェットスキーの無料体験試乗で海を満喫

ジェットスキーの無料体験試乗で海を満喫

宝探しに親子で奮闘

宝探しに親子で奮闘




好天恵まれプレー満喫

2013年4月16日(火) 09:00 [産業・経済]

農家総手取額72億円/12-13年期キビ操業

原料32万5000㌧前期比1.6倍/多良間工場で操業終了


原料生産量が前期比大幅増となった宮古本島内2工場(資料写真)

原料生産量が前期比大幅増となった宮古本島内2工場(資料写真)

 宮古地区の2012~13年産サトウキビの製糖操業は15日、宮古製糖多良間工場を最後に終了した。沖糖宮古工場、宮糖城辺、同伊良部、同多良間4工場の合計搬入量は、台風の影響で大不作なった昨年の20万2300㌧と比べ、1・6倍の32万5500㌧。農家総手取額は約72億円で、前期より27億8000万円余(約6割)増えた。

(全文を表示…)

2013年4月16日(火) 09:00 [社会・全般]

主航路部中央を架設へ/伊良部大橋

きょう一般向け見学会


 伊良部大橋の主航路部中央径間架設の一般向け見学会がきょう16日に行われる。


 見学会の開催場所は一般部橋面上で、時間は午前10時~午後2時まで。集合場所は伊良部大橋上部工製作ヤードで、見学場所までは7人乗りの乗用車で移動する。

(全文を表示…)

2013年4月16日(火) 09:00 [社会・全般]

青年部会長に長濱さん/商工会議所

女性会は古城さん再任


青年部と女性会の会長と副会長に任命証と選任証が手渡された=15日、宮古島商工会議所

青年部と女性会の会長と副会長に任命証と選任証が手渡された=15日、宮古島商工会議所

 宮古島商工会議所(下地義治会頭)の2013年度青年部と女性会の合同任命式と選任式が15日、同会議所で行われた。

(全文を表示…)

2013年4月16日(火) 09:00 [イベント]

歌や踊りで心一つに/沖縄宮古郷友連合会

沖縄宮古民謡協会会員らが奏でる「とうがにあやぐ」「大世栄」の宮古古典音楽で華やかな芸能まつりの幕が開けた=14日、那覇市民会館大ホール

沖縄宮古民謡協会会員らが奏でる「とうがにあやぐ」「大世栄」の宮古古典音楽で華やかな芸能まつりの幕が開けた=14日、那覇市民会館大ホール

 【那覇支社】毎年恒例の沖縄宮古郷友連合会(古波蔵和夫会長)主催の「第26回芸能まつり」が14日、那覇市民会館大ホールで開催された。四半世紀の節目を超えた芸能まつりには出演者約400人の郷友と、約1000人の観客計1400人が会場を埋め尽くした。最近は宮古郷友だけでなく宮古の芸能を愛好する沖縄本島、本土出身者の観客数も増加。連合会傘下の各学区郷友会組織が日々練習した歌、三線、舞踊などを舞台いっぱいに繰り広げた。

(全文を表示…)

2013年4月16日(火) 09:00 [スポーツ]

選手歓迎のゲート完成/トライアスロン大会

ムード高まる


選手たちを歓迎するゲート=15日、市総合体育館前

選手たちを歓迎するゲート=15日、市総合体育館前

 21日に開催される第29回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市ほか)に出場する「ストロングマン(強人)」たちを歓迎するゲートが14日、開会式などが開かれる市総合体育館前に完成した。大会まであと4日となるあす17日からは招待選手らが続々と来島。本番へ向け大会ムードが高まりを見せている。

(全文を表示…)

2013年4月16日(火) 09:00 [スポーツ]

宮古南星が男子団体制覇/ホープス卓球大会県予選

牧志君、本村、池間さん個人V


男子団体で全県を制し、個人戦でも3人が優勝するなどの快挙を遂げた宮古南星TCの選手たち=14日、那覇市奥武山、県立武道館

男子団体で全県を制し、個人戦でも3人が優勝するなどの快挙を遂げた宮古南星TCの選手たち=14日、那覇市奥武山、県立武道館

 【那覇支社】小学児童が卓球競技の腕を競う第31回全国ホープス卓球大会兼2013年度全日本卓球選手権大会兼予選大会(主催・県卓球協会)が14日、那覇市奥武山の県立武道館で行われ、男子団体戦で宮古南星TCが金武卓球道場を3-2で下し全県を制し優勝を決めた。また、男子シングルスではホープスの部(5・6年)で牧志卓磨君(平良第一小5年)、女子シングルスではカブの部(3・4年)で本村葵さん(南小4年)、バンビの部(1・2年)で池間夢良さん(平良第一小2年)がそれぞれ優勝を決めた。

(全文を表示…)

2013年4月15日(月) 23:43 [フレッシュ・ホープさん]

下地 和樹さん(23歳)宮古島市消防本部

島の安全に努める


下地 和樹さん

下地 和樹さん

 昨年4月に消防官として宮古島市に採用され、半年間の研修の後に、救急救命や消防業務全般に従事する。

(全文を表示…)

2013年4月15日(月) 23:41 [行雲流水]

「日台漁業協定」

 「日本外交に理性と誠実さを」というタイトルのインタビュー記事で、元自民党総裁、外務大臣、衆議院議長の河野洋平氏は尖閣問題について次のように述べている]

(全文を表示…)

2013年4月14日(日) 09:00 [地域・暮らし]

「心込めて歌いたい」/みやこ少年少女合唱団

歌大好きな20人が入団


新団員一人一人が名前を呼ばれ紹介された入団式=13日、市中央公民館

新団員一人一人が名前を呼ばれ紹介された入団式=13日、市中央公民館

 みやこ少年少女合唱団(宮国貴子団長)の2013年度入団式が13日、市中央公民館で行われた。今年度は、歌の好きな小学生20人が入団。「楽しく心を込めて歌えるようになりたい」と決意を示した。団員数は78人となり、県内にある合唱団では最多人数。

(全文を表示…)

2013年4月14日(日) 09:00 [政治・行政]

平良港に取締船を配備

日台漁業協定締結で水産庁


0日から停泊している水産庁取締船「いせはま」=12日、平良港

0日から停泊している水産庁取締船「いせはま」=12日、平良港

 日台漁業協定締結を受け、水産庁資源管理部の須藤徳之部長ら関係者が13日、市平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、下地市長が平良港に水産庁の漁業取締船が常駐するバースを割り当てたことに対し謝意を述べた。先島では初の常駐配備になる。

(全文を表示…)

2013年4月14日(日) 09:00 [政治・行政]

定数7に10人立候補へ/多良間村議選告示まで1カ月

週明けにも本格化


 【多良間】任期満了に伴い5月19日に投開票される多良間村議会議員選挙(定数7)は、同14日の告示まで、残り1カ月と迫った。これまでに現職5人、新人5人の計10人が立候補を予定している。投票までの1カ月間、当選を目指し熱い選挙戦が繰り広げられる。

(全文を表示…)

2013年4月14日(日) 09:00 [政治・行政]

効率的運営に期待/サシバリンクス伊良部

指定管理制度導入/市長「健康増進で利用を」


リニューアルを記念しゴルフコンペが行われた=13日、サシバリンクス伊良部

リニューアルを記念しゴルフコンペが行われた=13日、サシバリンクス伊良部

 伊良部の大樹環境開発(棚原茂樹代表)が1日から市指定管理者で運営しているゴルフ場「サシバリンクス伊良部」(棚原茂樹総支配人)で13日、リニューアルオープンゴルフコンペが開かれた。青空の下、下地敏彦市長ら約100人が、心地よい汗を流しながら9ホールを2回ラウンドした。プレー前に、下地市長は「スポーツ施設は、民間のノウハウを入れることで効率的に運営できると思う。市民は低料金で楽しめるので、プレーで健康増進に努めてほしい」とアピールした。

(全文を表示…)

2013年4月14日(日) 09:00 [地域・暮らし]

被災者に情報提供/市立図書館

福島の地元紙閲覧開始


福島県の地元新聞閲覧を案内する砂川館長=13日、市立図書館

福島県の地元新聞閲覧を案内する砂川館長=13日、市立図書館

 宮古島市立図書館(砂川隆館長)で10日から、福島民報と福島民友新聞の閲覧ができるようになった。

(全文を表示…)

2013年4月14日(日) 09:00 [社会・全般]

重点に豊かな社会づくり/宮婦連総会

新年度事業計画など承認


婦人会活動に尽力した皆さんを表彰した総会=13日、下地農村環境改善センター

婦人会活動に尽力した皆さんを表彰した総会=13日、下地農村環境改善センター

 宮古婦人連合会(島尻清子会長)の2013年度定期総会が13日、下地農村環境改善センターで開かれた。同年度の活動目標には①心豊かな家庭、社会づくりへの貢献②青少年健全育成のための環境整備-などを設定した。表彰式では、地域婦人会活動を盛り上げた7学区の会長らに感謝状を贈呈した。

(全文を表示…)

2013年4月13日(土) 22:30 [美ぎ島net]

盛況!ぱり(畑)のマッチャや(雑貨屋)/NPO法人マーズ「くこりもや」

地域に根ざす支援事業


平良からも大勢の親子が訪れた

平良からも大勢の親子が訪れた

 障がいの程度に関係なく一人一人を尊重し、働くことを通して生きがいづくり支援に努めたいと2005年、狩俣の西の浜手前でスタートした就労移行支援・就労継続B型支援事業所(下地克子所長)。あれから8年、野田にある農業生産法人「ゆぴと農園」も着実に稼働し、マンゴー栽培をはじめ野菜など利用者が個々の可能性を発揮して作業にいそしんでいる。昨年からスタートした「ぱり(畑)のマッチャや(雑貨屋)」は、ゆぴと農園で収穫した農産物や加工商品などを販売、施設利用者と市民との交流を図ることをねらいに開催されている。今後も年2回開催する予定。

(全文を表示…)

2013年4月13日(土) 22:30 [日曜訪問]

金城 芳明さん(61歳)/たぶろう美術協会 会友

好きな油絵を生涯の友に


金城 芳明さん

金城 芳明さん

 街なかで深い緑に囲まれた家は、そのままアトリエだった。玄関を入ると正面に百号の油絵、以前沖展に入選したという。壁には昨年たぶろう展で入賞したデイゴの作品が見事な朱を放っている。家の中は油絵特有の匂いが漂い、どっぷり絵の中で暮らしているというたたずまい。「一人だからできることです」とさりげない。家族は沖縄本島にいて、家を守るために7年前帰って来たという。まさに絵三昧の生活を送っている。

(全文を表示…)

2013年4月13日(土) 09:00 [地域・暮らし]

豊穣の海に感謝/サニツ

潮干狩りでにぎわう


採取されたサザエやタカセガイなど=真謝漁港

採取されたサザエやタカセガイなど=真謝漁港

重さ4㌔の大物タコを仕留めた男性=12日、平良の真謝漁港

重さ4㌔の大物タコを仕留めた男性=12日、平良の真謝漁港

 宮古の伝統行事「サニツ(浜下り)」に当たる旧暦3月3日の12日、各地の海岸は潮干狩りでにぎわった。平良の真謝漁港には重さ4㌔の大物タコやサザエ、タカセガイなどが水揚げされ、男性らは豊穣の海に感謝した。一方、池間島では、海水で体を清める儀式「ミナンガハナ(三波の花)」が行われ、向こう1年間の無病息災を願った。 

(全文を表示…)

2013年4月13日(土) 09:00 [地域・暮らし]

安全パトロール隊を結成/鏡原中PTA

委嘱状と青色回転灯を交付/宮古島署防犯協会


宮城署長(手前左)と前川会長(同左から2人目)から委嘱状と青色回転灯を受け取る上原会長=12日、鏡原中学校

宮城署長(手前左)と前川会長(同左から2人目)から委嘱状と青色回転灯を受け取る上原会長=12日、鏡原中学校

 鏡原中学校PTA(上原強史会長)が結成した地域安全パトロール隊への自主防犯ボランティア団体委嘱状と青色回転灯の交付式が12日、同校で行われ、隊長を務める上原会長に宮古島警察署の宮城英眞署長から委嘱状、宮古島地区防犯協会の前川尚誼会長から青色回転灯が手渡された。

(全文を表示…)

2013年4月13日(土) 09:00 [環境・エコ]

仲地さん環境大臣表彰/「みどりの日」保全活動で

環境大臣で表彰される宮古野鳥の会の仲地邦博会長=12日、平良

環境大臣で表彰される宮古野鳥の会の仲地邦博会長=12日、平良

 環境省が自然環境の保全、創造、ふれあいに関して顕著な功績があった個人・団体の功績をたたえる2012年度「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰の保全活動部門で、宮古野鳥の会の仲地邦博会長(57)=平良字東仲宗根=が選ばれた。11日、同省が発表した。宮古の個人・団体が表彰されるのは今回が初めて。23日午後2時から東京都の新宿御苑「インフォメーションセンター」で表彰式が行われる。

(全文を表示…)

2013年4月13日(土) 09:00 [社会・全般]

山本さんの支援に感謝/宮古市立田老第一小

被災地からメッセージ届く


田老第一小学校から山本さんのもとに届いたメッセージリーフレット

田老第一小学校から山本さんのもとに届いたメッセージリーフレット

 東日本大震災被災地に激励の絵手紙などを送る活動を行っている岩手県盛岡市出身で宮古島在住の山本良子さんの元にこのほど、岩手県宮古市立田老第一小学校(市村章校長)から、被災後の歩みや子どもたちの元気な様子を伝えるメッセージリーフレットが届いた。山本さんは「宮古島の気持ちが力になっていればうれしい」と語った。

(全文を表示…)

2013年4月13日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

日本一安全な地域に

交通少年団が結成式/城辺小


5、6年生35人が交通少年団としての活動をスタートさせた=12日、城辺小

5、6年生35人が交通少年団としての活動をスタートさせた=12日、城辺小

 城辺小学校(濱川宗和校長)で12日、今年で35年目を迎える交通少年団の結成式が行われた。


 体育館での結成式で濱川校長は「交通少年団は城辺小の特色の一つ。先輩たちから受け継いだ歴史をしっかり守って交通安全活動に取り組んほしい」と呼び掛けた。同少年団は、児童に交通ルールやマナーを身に付けさせ、交通事故から身を守るとともに、命の尊さを教え思いやりの心を育てるのが狙い。

(全文を表示…)

2013年4月13日(土) 09:00 [産業・経済]

漁獲高減少「当然ある」/日台漁業協定締結

水産庁の説明受け粟國組合長


マスコミの取材に応じる粟国組合長=12日、宮古島漁協

マスコミの取材に応じる粟国組合長=12日、宮古島漁協

 日本と台湾が尖閣諸島周辺海域を対象とした漁業協定を締結したことを受け、宮古島漁協の粟國雅博組合長は12日、漁獲高の減少は「当然ある」と述べ、地元漁業者の同意を得ずに水域を決定した国を厳しく批判した。

(全文を表示…)

2013年4月12日(金) 23:40 [私見公論]

エコアイランド宮古島の取り組みについて(3)/大金 修一

私見公論64


 太陽光発電の導入が止まらない。先月、国が公表した再生可能エネルギー発電設備(太陽光、風力、バイオマス、地熱、中小水力)の導入状況は、平成24年4月から12月末までに運転を開始した設備では117・8万kWとなっており、うち太陽光発電設備は111・9万kWを占めている。また、今後稼働予定として国の認定を受けた設備では523・6万kWとなっており、うち太陽光発電設備は470・4万kWを占めている。

(全文を表示…)