2011年2月のニュース一覧

2011年2月23日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

今年度受診率は37・5%

前年度比4.6ポイント増


昨年7月13日から10月2日まで行われた特定健診の集団健診(資料写真)

昨年7月13日から10月2日まで行われた特定健診の集団健診(資料写真)

 宮古島市の2010年度「特定健診」受診率が37・5%(速報値)となった。今年度目標の50%には達しなかったものの、年々受診率は向上し前年の32・9%よりも4・6ポイント増加した。市福祉保健部国民健康保険課では「今年度の受診率向上は、個別検診の受診増が要因。各登録病院の受診呼び掛けにより受診者数が増えた」と説明した。2011年度の受診率目標は58%となっており、同課では来年度も積極的な受診を呼び掛けていくとしている。

(全文を表示…)

2011年2月23日(水) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

人手不足の農家を手助け/宮総実高生徒が援農体験

平良、城辺、下地でキビ収穫


農家のキビ刈りを手伝う生徒たち=22日、平良字西原(福山)

農家のキビ刈りを手伝う生徒たち=22日、平良字西原(福山)

 宮古総合実業高校の1、2年生162人が22日、高齢者や人手不足に悩むサトウキビ農家の収穫を手伝う援農体験学習を行い、心地よい汗を流した。

(全文を表示…)

2011年2月23日(水) 09:00 [政治・行政]

ボーリング調査始まる/上野陸上競技場

市がサッカー場計画で


ボーリング調査が始まった=22日、上野陸上競技場

ボーリング調査が始まった=22日、上野陸上競技場

 上野陸上競技場を改修する市のサッカー場整備計画で21日、同競技場の土質を調べるためのボーリング調査が始まった。サッカー場として適合するか否かを判断する。調査結果で適合すれば市が全面芝生化計画を具体化させる。ただ、上野地区の住民はトラック(走路)部分を残すよう要望しており、サッカー場に改修されるかは不透明な状況。

(全文を表示…)

2011年2月23日(水) 09:00 [お母さんと一緒]

活発な女の子/おかあさんといっしょ

▽美優(みゆう)ちゃん(1歳)
▽お母さん・友喜美(ゆきみ)さん


美優(みゆう)ちゃん(1歳)お母さん・友喜美(ゆきみ)さん

美優(みゆう)ちゃん(1歳)お母さん・友喜美(ゆきみ)さん

 とても活発で走り回っているおてんば娘の美優ちゃん。公園に出掛けると靴を片方無くして帰って来る時もある。「半年で5足無くした」と笑いながら話すお母さん。食べることが好きな美優ちゃん。「お家に居る時は、冷蔵庫の前がお気に入り」とお母さん。買い物に行くと、毎回行方不明になる。決まって美優ちゃんはお菓子コーナーにいる。「お菓子は1つまで」と言いうと、美優ちゃんは「わかった」とうなずき、いつも両手いっぱいにお菓子を持ってくる。

(全文を表示…)

2011年2月23日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

小学校の検討時期明示せず/学校規模適正化検討委

文言修正し来月答申


学校規模適正化に関する最終答申案について協議した検討委員会=22日、市中央公民館

学校規模適正化に関する最終答申案について協議した検討委員会=22日、市中央公民館

 宮古島市学校規模適正化検討委員会(委員長・川上哲也教育長)は22日、第8回委員会を市中央公民館で行い、「市学校規模適正化に関する答申(案)」の最終的な取りまとめ協議を行った。「小学校規模適正化について」の項目で小学校の規模適正化の検討時期を明確に明示するか否かについて議論となったが、具体的な検討時期は明示せずに文言の修正や追加で最終答申案を取りまとめることとなった。

(全文を表示…)

2011年2月23日(水) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

勇壮な獅子舞を披露/比嘉の二十日正月

集落を厄除・招福で発展へ


勇壮に演じる獅子2頭=22日、比嘉集落

勇壮に演じる獅子2頭=22日、比嘉集落

 城辺比嘉集落で旧暦1月20日に当たる22日、伝統行事の「二十日正月」が行われた。比嘉民俗芸能保存会(大城博紀会長)の会員らが、勇壮な獅子舞で厄除・招福し、住民の無病息災、集落のさらなる発展を願った。獅子舞は、市指定の無形民俗文化財。

(全文を表示…)

2011年2月23日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

市の課題と対策で意見交換/職員研修

浦野氏が地域づくりで講話


グループ協議内容の発表を聞く参加者たち=22日、市中央公民館

グループ協議内容の発表を聞く参加者たち=22日、市中央公民館

 宮古島市職員研修が22、23の2日間の日程で、市中央公民館大ホールを会場に開催。まちづくりシンクタンク「あしコミュニティ研究所」の浦野秀一代表を講師に招き、「魅力ある地域づくりに向けて」をテーマに、初日は講話とワークショップを実施。一般職員や係長・補佐級の職員ら約30人が参加し、市の今後の課題と対策について意見を交わした。

(全文を表示…)

2011年2月22日(火) 23:53 [行雲流水]

「教育の日」(行雲流水)

 去る2月20日(日)は宮古島市の「教育の日」、各学校では授業参観や学芸会、講演などが行われた。砂川小学校(校長・新里二男)でも学芸会が催され、大勢の父母や地域の人々がかけ参じた

(全文を表示…)

2011年2月22日(火) 23:51 [がんずううやき]

山里 景福さん(86歳)(平良字荷川取)

カラオケが元気の源


山里 景福さん

山里 景福さん

 「元気の源は、カラオケとグラウンドゴルフ。病気で病院に行ったことはないよ」と満面の笑みで話す。

(全文を表示…)

2011年2月22日(火) 09:00 [政治・行政, 教育・文化]

改修費9400万円見込む/旧平良図書館

市長 存続に否定的な考え示す

 市民グループから旧市立平良図書館の存続を求める署名が提出されていることについて、下地敏彦市長は21日、継続使用する場合の改修費用見積額が約9400万円となることを説明。結論は市議会の意見を聞いた上で判断したいとしながらも、存続させることは難しいとの考えを示した。

(全文を表示…)

2011年2月22日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

市陸上競技場、個人利用有料化へ

4月から運用開始

改修工事が進む陸上競技場。来年度から個人利用の際も有料化となる

改修工事が進む陸上競技場。来年度から個人利用の際も有料化となる

 現在、改修工事が進められている宮古島市陸上競技場の管理運営で、市は来年度から、個人利用者からも使用料を徴収することとなった。市当局は有料化に向け、3月1日開会予定の市議会3月定例会に「市立体育施設条例の一部を改正する条例」を提案。可決されれば4月1日からの運用開始となる。

(全文を表示…)

2011年2月22日(火) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

北海道から雪のプレゼント/馬場保育所

園児ら雪だるま囲み歓声

プレゼントされた雪を囲んではしゃぐ園児たち=21日、馬場保育所

プレゼントされた雪を囲んではしゃぐ園児たち=21日、馬場保育所

 市立馬場保育所(垣花喜美子所長)の園児たちに21日、北海道から雪のプレゼントが届いた。雪だるまの形をした入れ物二つで約20㌔。同所に通う平良聡珠(さとみ)ちゃん(5)と日和(ひより)ちゃん(4)姉妹の父、義尚さんの弟で、札幌市在住の宗也(かずや)さんがプレゼントした。

(全文を表示…)

2011年2月22日(火) 09:00 [産業・経済]

セーイカ4㌧揚がる/佐良浜漁港

新鮮なピンク色

ピンク色のセーイカ=21日、佐良浜漁港

ピンク色のセーイカ=21日、佐良浜漁港

 佐良浜漁港に21日、新鮮なピンク色のセーイカ(ソデイカ)約4㌧が水揚げされ活気づいた。セーイカ漁は今が最盛期とされる。

(全文を表示…)

2011年2月22日(火) 09:00 [政治・行政]

沖縄は先島地域を想定/自衛隊空白地帯部隊配置

市長に新防衛大綱など説明

下地市長(右手前)に防衛計画と中期防について説明する森田部長=21日、市長室

下地市長(右手前)に防衛計画と中期防について説明する森田部長=21日、市長室

 沖縄防衛局の森田治男企画部長らは21日、市役所平良庁舎を訪れ、下地敏彦市長と長濱政治副市長に、昨年12月に閣議決定された新しい防衛計画の大綱(防衛大綱)と、2011年度から5年間の中期防衛力整備計画(中期防)について説明。自衛隊空白地帯への部隊配置について、沖縄では本島以西の先島地域を想定していること、南西諸島の島しょ部に初動担任部隊配置を計画しているものの、内容は検討中で具体的にはまだ決まっていないことなどを語った。

(全文を表示…)

2011年2月22日(火) 09:00 [政治・行政]

旧市町村で違い鮮明/市町村合併5年の評価

市民意識調査結果

 宮古島市は21日、昨年12月に実施した市民意識調査の集計結果を発表した。「市町村合併して良かったと思うか」との設問に対する回答を旧市町村別で見ると、平良地区では合併を評価する意見が否定的な意見を上回ったものの、伊良部地区では同数、城辺、下地、上野地区では否定的な考えの方が肯定的意見を上回るなど、平良地区と旧郡部で合併に対する評価の違いが鮮明に現れる結果となった。

(全文を表示…)

2011年2月21日(月) 23:00 [美ぎ島net]

第4回椿まつり

春を愛でる椿の祭典、盛況!


展示された会員の作品。さまざまなツバキの種類に感嘆する来場者

展示された会員の作品。さまざまなツバキの種類に感嘆する来場者

 近年、注目されるツバキのさまざまな活用で、愛好者が増えている。中でも、5年前からグループ活動する「宮古島椿の会」(来間清典会長)は、毎年、「椿まつり」を開催してヤブツバキだけでなく鉢植えの栽培種なども数多く紹介している。今年4回目を迎えた「椿まつり」は、城辺のジロー楽園で12・13日と開催され、多くの愛好者たちが訪れた。

 今回は特別企画として一葉式いけ花宮古教室(斉藤葉彩主宰)の会員13人が参加して、ツバキをテーマに生け花を披露した。来場者は口々に、「ツバキにこんなに多くの種類があるとは思わなかった。生け方によっても、ツバキの表情がそれぞれあって個性的」など、ツバキに対する認識を新たにしていた。

(全文を表示…)

2011年2月21日(月) 23:00 [フレッシュ・ホープさん]

野崎 聡(のざき さとし)さん(22歳)/宮古島BBcom

楽しめる本制作に情熱


野崎 聡(のざき さとし)さん

野崎 聡(のざき さとし)さん

 宮古島BBcomで、雑誌広告の営業をしている。入社から約半年が経った。「最初の頃の営業回りは、緊張して戸惑ったりしたが、今は、訪問先で、良い出会いを重ねていて仕事や世間話をするのが楽しい」とさわやかに笑う。お客様との接点が大事になる営業の仕事に、少しずつ慣れてきたと実感している。お客様に喜ばれる広告制作にやりがいがあるという。

(全文を表示…)

2011年2月21日(月) 09:00 [社会・全般]

ハンセン病と隔離の歴史学ぶ

宮古南静園 ボランティア講座


参加者はハンセン病と隔離政策などの歴史について学んだ=20日、南静園公会堂

参加者はハンセン病と隔離政策などの歴史について学んだ=20日、南静園公会堂

 宮古南静園ボランティア講座が20日、同園で開かれた。5月20~23日まで、名護市と宮古島市で行われる「2011ハンセン病市民学会」のプレ企画として実施。医学博士で神戸大学医学部非常勤研究員兼アイルランガ大学客員教授の和泉眞蔵博士が「社会医学の視点で見た日本の近代ハンセン病対策」と題して、ハンセン病と強制隔離政策の歴史について講話した。

(全文を表示…)

2011年2月21日(月) 09:00 [スポーツ]

巨人、那覇で2次キャンプ/楽天とオープン戦

球場にファン1万6500人


オープン戦前のイベントで記念品の贈呈を受ける巨人の原監督(右)と楽天の星野監督=20日、沖縄セルラースタジアム那覇

オープン戦前のイベントで記念品の贈呈を受ける巨人の原監督(右)と楽天の星野監督=20日、沖縄セルラースタジアム那覇

 【那覇支社】プロ野球読売巨人軍の2次キャンプが20日、那覇市奥武山総合運動公園で始まった。午前9時すぎ、メーン球場の沖縄セルラースタジアム那覇に原辰徳監督や野手、投手陣が次々と入場。小雨の降る中、沖縄初のキャンプインを心待ちにしていたファンは、大歓声で迎えた。キャンプ初日は午後1時30分から楽天イーグルス(星野仙一監督)とのオープン戦に臨んだ。球場には1万6567人(主催者発表)が入場、間近で見るスター選手の華麗なプレーに歓声を上げた。

(全文を表示…)

2011年2月21日(月) 09:00 [教育・文化]

「努力と忍耐、継続を」/「教育の日」

空手世界一の豊見城さんが講演


生徒に空手を披露する豊見城あずささん=20日、城辺中体育館

生徒に空手を披露する豊見城あずささん=20日、城辺中体育館

 2004年の世界空手道選手権団体形で優勝した多良間村出身であずさ龍鳳館空手道場館主の豊見城あずささんが20日、城辺中学校で講演を行った。体験談を交えて世界一までの道のりを紹介した豊見城さんは、「夢は実現できる。そのためには努力、忍耐、継続が大切。この三つを身に付ければ夢は必ず実現できる」と語った。

(全文を表示…)

2011年2月21日(月) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

新品種キノコの栽培に成功/みやこ福祉会

マツタケ研究員 幸松哲生さんが講演


熱心に聞き入る参加者ら=17日、みやこ学園

熱心に聞き入る参加者ら=17日、みやこ学園

 社会福祉法人みやこ福祉会(伊志嶺博司理事長)主催の障害者講演会が17日、みやこ学園で開かれた。講師に招かれた松二マツタケ(大分県)の研究員、幸松哲生さんが「宮古での新た産業としての可能性」と題して講演した。その中で、幸松さんは「植物性乳酸菌と土壌菌活性液を掛け合わせた混合物を開発したことで、新品種キノコの栽培に成功した。これから名前はつける。植物性乳酸菌を野菜やキクラゲなどに使うと、普通のものより大きく成長する。宮古でも混合物を使ったブランド商品はできないものか」と提起した。来場者らは熱心に聞き入っていた。

(全文を表示…)

2011年2月21日(月) 09:00 [イベント]

響け、僕らの熱き思い/マティダライブⅢ

高校生が自主運営


元気な高校生たちがバンドやダンスを披露し、ライブを盛り上げた=20日、マティダ市民劇場

元気な高校生たちがバンドやダンスを披露し、ライブを盛り上げた=20日、マティダ市民劇場

 「マティダライブ3」(主催・同劇場、運営・マティダライブ実行委員会)が20日、マティダ市民劇場で開催された。今回は団体、総勢43人(一般3人含む)がブレイクダンスやロックダンス、バンド演奏、書道パフォーマンスなどを披露し、会場に訪れた観客を魅了した。舞台には宮校書道ガールズが「一人一人の思いが一つになり、その響きがいつしか大きな響きになる」との思いを込めた大きな「響」の文字が掲げられ、ライブを盛り上げた。

(全文を表示…)

2011年2月21日(月) 09:00 [教育・文化]

各校で成果発表/宮古島市

「教育の日」で多彩な催し


息の合った群読で会場から大きな拍手を受けた児童たち=20日、南小学校体育館

息の合った群読で会場から大きな拍手を受けた児童たち=20日、南小学校体育館

 学校や家庭、地域社会が連携を密にし、教育の一体化で教育の充実を目指す宮古島市の「教育の日」の20日、宮古地区の各小、中学校では、これまでの学習成果の発表や地域と連携した取り組みの報告や舞台発表など多彩な催しが行われた。各学校には保護者や地域の人たちが多数訪れ、学力向上に向けた各学校の取り組み報告や舞台で踊りや劇などを元気に発表する子どもたちの姿に見入っていた。

(全文を表示…)

2011年2月20日(日) 16:27 [オリックスキャンプ便り, 特集]

木佐貫洋投手(30歳)

「開幕投手」狙う


木佐貫洋(30歳)

木佐貫洋(30歳)

昨年の最多勝利投手の金子千尋がけがで抜けたことで「開幕投手をとりに行く感覚でテンションを上げて取り組んでいる」


宮古島は暖かい。「その気候を利用して、球数をしっかり投げるという目標はできている」
朴賛浩(ちゃんほ)、小林雅英の入団で「先発のローテーション入りは競争になる。ゆっくりは練習させてもらっているが、ローテーション入りが確定しているとあぐらをかいていると、競争に負けてしまう」。個人的には「その競争に勝つ気持ちでやっている」


今シーズンは「自分の背番号が12番なので12勝はしたい。昨年は負けが12になってしまった。今年は勝ちを12、負けを大幅に減らしたい」


昨年、巨人から移籍。オリックスで10勝した。「パ・リーグは打力が高く、セ・リーグより打つというイメージがある」


Q. 宮古島のファンにひとこと

宮古島の皆さんに見に来ていただいて、オリックスはシーズンで頑張っている、木佐貫もキャンプで頑張っていたなと思われるように、しっかり結果を出したいと思っていますので、応援をよろしくお願いします。


木佐貫 洋(きさぬき・ひろし) 1980年5月17日生まれ。鹿児島県出身。川内高─亜細亜大─巨人─オリックス。2003年に新人王。2010年にオリックスに移籍。背番号12。

2011年2月20日(日) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

「市のイメージ傷付けた」/相次ぐ不祥事で市長訓辞

綱紀粛正の徹底訴え


緊急の管理職集会で綱紀粛正を呼び掛ける下地敏彦市長=18日、市役所平良庁舎1階ロビー

緊急の管理職集会で綱紀粛正を呼び掛ける下地敏彦市長=18日、市役所平良庁舎1階ロビー

 下地敏彦市長は18日、相次ぐ市職員の不祥事を受け、緊急の管理職集会を開いた。下地市長は「市民の行政に対する信用の失墜並びに関係者に多大な迷惑を掛けた。宮古島市全体の名誉、イメージを著しく傷付けるもの」と指摘し、再発防止へ向け部下への指導と綱紀粛正の徹底を強調した。

(全文を表示…)

2011年2月20日(日) 09:00 [産業・経済]

子牛平均39万4000円/2月期肉用牛競り

総販売額2億円を突破


 2011年の肉用牛(2月)競りが19日、JAおきなわ宮古家畜市場で行われた。子牛1頭平均価格は39万4442円で、前月を1万8312円上回った。成牛を含めた全体の総販売額は2億1870万円。畜産関係者らは、九州からの購買者らに感謝していた。

(全文を表示…)

2011年2月20日(日) 09:00 [社会・全般]

沖縄と共通文化圏/博物館講座

12~13世紀の宮古


宮古の歴史を熱心に聞き入る参加者ら=19日、市総合博物館

宮古の歴史を熱心に聞き入る参加者ら=19日、市総合博物館

 企画展「宮古人のルーツを探るPart1-12~16世紀の宮古-」の関連講座が19日、市総合博物館で開かれた。同館学芸員の久貝弥嗣さんが「12~16世紀の宮古~遺跡の発掘調査からみる歴史~」、元琉球大学准教授で形質学専門の土肥直美さんが「12~16世紀の遺跡から出土する人骨の特徴」と題して講話した。

 その中で、久貝さんは「宮古は12~16世紀に北方から新たな文化の波及があり、沖縄本島と共通の文化圏に入った」と強調。土肥さんは「宮古からは保存状態の良い先史時代の人骨は見つかっていない。その先史時代人を求めて、3月5日から城辺の浦底遺跡で発掘調査を行う」と語った。来場者らは、祖先に思いを馳せていた。

(全文を表示…)

2011年2月20日(日) 09:00 [スポーツ]

平良女子が大会新でV/全宮古中学新人駅伝

男子は久松2連覇


大会新記録で優勝した平良女子チーム=19日、上野陸上競技場

大会新記録で優勝した平良女子チーム=19日、上野陸上競技場

 第6回全宮古中学校新人駅伝競走大会が19日、上野陸上競技場付設周回コースで行われ、男子は久松が昨年に続き2連覇、女子は平良が大会新記録で4度目の優勝を果たした。

(全文を表示…)

2011年2月20日(日) 09:00 [スポーツ]

琉球、地元勝利飾れず/日本ハンドボールリーグ

トヨタ車体に23-30


ジャンプシュートを放つ、琉球コラソンの高田=19日、宮古島市総合体育館

ジャンプシュートを放つ、琉球コラソンの高田=19日、宮古島市総合体育館

 第35回日本ハンドボールリーグは19日、宮古島市総合体育館で第13週を行った。現在6位の琉球コラソンが同5位のトヨタ車体を迎えて対戦したが、23-30で敗れ、地元勝利はならなかった。日本リーグの宮古島開催は初めて。会場には多くの市民が詰め掛けて、国内トップリーグの力と技術に見入った。

(全文を表示…)

2011年2月20日(日) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 社会・全般]

市民全体で教育の充実・発展を/教育を語る市民大会初開催

地域文化への誇り醸成大切


各界の代表が提言を行ったフォーラム=19日、市中央公民館

各界の代表が提言を行ったフォーラム=19日、市中央公民館

 宮古島市の教育を語る市民大会(主催・市教育委員会、共催・市、宮古教育事務所)が19日、市中央公民館で開催された。教育フォーラムのテーマは「宮古島市の人材育成~多様な教育アプローチ~」。各界の代表がパネラーを務めたフォーラムでは地域文化への誇り醸成が、人格を育む大切な要素になることなどが強調された。

(全文を表示…)