2014年12月のニュース一覧

2014年12月11日(木) 09:00 [政治・行政]

部長制の15年度廃止見送り/伊良部支所

大橋開通を踏まえ/市議会112月定例会一般質問



12月定例会一般質問で答弁する下地市長=10日、議場

12月定例会一般質問で答弁する下地市長=10日、議場

 現在の伊良部支所について、市の第2次集中改革プランでは2015年度から支所長の部長制を廃止し、地域づくり課と市民課を統合する方針となっていたが、伊良部大橋の開通や継続中の事業があることなどを踏まえ、15年度での実施は見送られることが分かった。10日の市議会12月定例会一般質問で長濱政治副市長が佐久本洋介氏の質問に対し、「1、2年は現体制で業務を行いたい」と答えた。

(全文を表示…)

2014年12月11日(木) 09:00 [行雲流水]

「観光と味覚」(行雲流水)

 師走の那覇、市場通りでのこと。〝ひやかし〟気分で、食べ物中心の土産品店に入った。新商品らしき品を手にとって製造元や原材料などの表示をながめていると、売り子が飛んできた

(全文を表示…)

2014年12月11日(木) 08:59 [政治・行政]

補正予算など可決し閉会

多良間村議会12月定例会


 【多良間】多良間村議会(森山実夫議長)12月定例会は10日、伊良皆光夫村長から提案された2014年度同村一般会計補正予算など6議案を原案通り可決し閉会した。

(全文を表示…)

2014年12月11日(木) 08:55 [お母さんと一緒]

「何でもさせる」子育て

▽山川 友浬ちゃん(1つ)

▽お母さん・瑞恵さん


山川友浬ちゃん(1つ)お母さん・瑞恵さん

山川友浬ちゃん(1つ)お母さん・瑞恵さん

 友浬ちゃんは1歳を過ぎて活発に歩くようになった。少々危険だが滑り台やいす、ソファ、ベッドによじ登る。母瑞恵さんは「あぶないよ」と止めたりしない。「痛いことも良い体験」。やりたいことは何でもさせるようにしている。

(全文を表示…)

2014年12月10日(水) 09:00 [産業・経済]

1月7日操業開始/宮糖城辺

伊良部工場はあすから


 宮古製糖(安村勇社長)は9日、今期産サトウキビの3工場での製糖開始期日を発表した。

(全文を表示…)

2014年12月10日(水) 09:00 [政治・行政]

1週間で2074人が投票/衆院選期日前

宮古島市、前回比1ポイント増


期日前投票を行う有権者=9日、市役所平良庁舎1階ロビー

期日前投票を行う有権者=9日、市役所平良庁舎1階ロビー

 2日に公示された衆院選の期日前投票は9日で1週間となり、第4選挙区の宮古島市ではこれまでに全有権者の4・84%に当たる2074人(男性1009人、女性1065人)が投票を済ませた。2012年の前回選挙の同時期に比べ1・00ポイント(426人)増加した。先の県知事選に比べると0・74ポイントの増。期日前投票は10日から伊良部庁舎でも始まる。

(全文を表示…)

2014年12月10日(水) 09:00 [政治・行政]

25人中16人が通告/きょうから市議会一般質問

今年4回の定例会で最低/市民「議員活動の放棄」


 開会中の宮古島市議会(真栄城徳彦議長)の12月定例会は10日から一般質問が始まる。真栄城議長を除く議員25人中、16人が通告しているが、今年4回の定例会では最低人数となった。9月定例会は25人全員、3月定例会は24人が登壇している。通告者が20人を切ったのは6月定例会の18人に次いで2度目。一部の市民からは「衆院選の選挙運動で忙しいのでは?」「議員個人の最も重要な活動を放棄するようなもの」などと疑問の声が上がっている。

(全文を表示…)

2014年12月10日(水) 09:00 [社会・全般]

民事再生適用を申請/旧クマザホテル

建築資材の高騰など要因


設計変更、資材高騰などを要因に資金不足に陥り、工事が止まったままの旧クマザホテル&リゾート(資料写真)

設計変更、資材高騰などを要因に資金不足に陥り、工事が止まったままの旧クマザホテル&リゾート(資料写真)

 市城辺の通称「クマザ海岸」で、リゾートホテルの開発などを行っていたテノヒラ・リゾーツ(白川浩社長、旧称クマザホテル&リゾーツ)は11月27日までに、那覇地裁に民事再生法の適用を申請していたことが9日、明らかとなった。民間調査機関の東京商工リサーチ沖縄支店(号外)と帝国データバンク沖縄支店(速報)が伝えた。同社は少なくとも約2億円の負債を抱えている。

(全文を表示…)

2014年12月10日(水) 09:00 [地域・暮らし]

「ありがとう」懸垂幕設置/伊良部商工会青年部

船会社に感謝


懸垂幕を設置した久貝部長(左から3人目)ら=9日、佐良浜地区

懸垂幕を設置した久貝部長(左から3人目)ら=9日、佐良浜地区

 来年1月31日に伊良部大橋が開通することに伴い、伊良部島-宮古島の間を結ぶ旅客船とフェリーが同日に最後の就航となることから、宮古島市伊良部商工会青年部(久貝博義部長、会員20人)は9日、佐良浜漁港の離島航路発着場前に「ありがとう」と大書された懸垂幕を設置した。

(全文を表示…)

2014年12月10日(水) 09:00 [産業・経済]

子牛平均価格50万1820円/肉用牛競り14年実績

キロ単価は2037円/いずれも前年実績上回る


 宮古と多良間のJAおきなわ家畜市場での2014年の子牛1頭平均価格は50万1820円、平均キロ単価は2037円と、いずれも13年実績を上回る高値となった。成牛を含めた全体販売額は計32億4788万円となり過去最高を更新した。

(全文を表示…)

2014年12月10日(水) 08:55 [がんずううやき]

宮國 誠演さん(89歳)・キヨさん(89歳)(上野字宮国在)

仲むつまじく63年


宮國誠演さん・キヨさん

宮國誠演さん・キヨさん

 縁あって結婚し、一つ屋根の下で暮らして今年で63年。夫婦は「夫婦になって上等。良かった」と感無量の表情を見せる。

(全文を表示…)

2014年12月9日(火) 09:00 [産業・経済]

販売額は32億4700万円/14年肉用牛競り

2年連続で大台突破/年間通して高値安定

12月期子牛は53万7千円


前年に続き年間30億円販売を達成した肉用牛競り=8日、JAおきなわ宮古家畜市場

前年に続き年間30億円販売を達成した肉用牛競り=8日、JAおきなわ宮古家畜市場

 JAおきなわの宮古家畜市場と多良間家畜市場の2014年12月期肉用牛競りが8日開かれ、いずれも高値取引が成立した。この結果、14年の宮古地区年間総販売額は過去最高の32億4767万円(前年比1億7000万円増)となり、2年連続30億円の大台を突破した。全国的な子牛不足の影響を受け、年間を通して競り価格が高値で安定したことが最大の要因。


 宮古家畜市場の12月期競りでは子牛375頭が競り落とされた。1頭平均価格は53万6795円。過去最高額の前月に比べると3万3000円下げたが1頭32万円超えは高値。平均体重は240㌔、平均のキロ単価は2241円だった。


 性別の1頭平均価格は去勢が56万1276円、雌が50万2047円と、前月に続き、いずれも50万円を超える好成績だった。販売額は子牛だけで2億円を突破する大商いだった。


 成牛を含む上場頭数は433頭。うち432頭の取引が成立した。1頭平均価格は50万4993円、性別は去勢56万1276円、雌44万6585円だった。平均キロ単価は1884円。


 一方、多良間家畜市場の12月期子牛一頭平均価格は46万8000円。同市場も年間を通して40万円以上の高値取引が続いた。


 高値の要因は全国的に子牛が不足していることが挙げられる。各地で価格が上昇しており、県内市場も同様に子牛価格は高い。10年に宮崎県で発生した口蹄疫と、11年の福島第1原発事故などの影響が今も尾を引いているのが現状だ。


 高値取引に沸く一方で懸念されるのが上場頭数の減少だ。今年は生産農家の高齢化などに伴って毎月のように前年同月の上場頭数を下回った。こういった不安要素の解消が15年競りでは求められている。

2014年12月9日(火) 09:00 [イベント]

ゲームや余興で交流/宮古地区障がい者フェスティバル

参加者は準備されたゲームをみんなで楽しんだ=7日、城辺公民館

参加者は準備されたゲームをみんなで楽しんだ=7日、城辺公民館

 第30回宮古地区障がい者フェスティバル(主催・宮古地区社協連絡協議会)が7日、城辺公民館(旧城辺町農村環境改善センター)で開催され、参加者約400人が交流を深めた。

(全文を表示…)

2014年12月9日(火) 09:00 [政治・行政]

景気回復で地方元気に/西銘氏が総決起大会

「国とのパイプ堅持」と気勢/衆院選4区


総決起大会で支持を呼び掛ける西銘氏

総決起大会で支持を呼び掛ける西銘氏

 衆院選沖縄4区(宮古島市、多良間村など)に立候補した自民前職の西銘恒三郎氏(60)=公明推薦=の総決起大会(主催・同後援会宮古支部)が8日、JAおきなわ宮古地区本部で開かれた。大勢の支持者らが集まり「国政の場に送り、国とのパイプを堅持しよう」と自公連携を強調。西銘氏は「地方を元気にする。経済の再生、景気回復この道しかない」と支持を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2014年12月9日(火) 09:00 [教育・文化]

市民らが稽古の成果披露/市民総合文化祭・芸能祭

大橋開通をテーマに


久田流澄の会池田千香子舞踊研究所が「ゆがふ島、情け島」を優雅に舞った=7日、マティダ市民劇場

久田流澄の会池田千香子舞踊研究所が「ゆがふ島、情け島」を優雅に舞った=7日、マティダ市民劇場

 第9回宮古島市民総合文化祭の芸能祭(宮古島市文化協会など主催)が8日、「希望と文化の夢のせて、ニライカナイの一里橋」をテーマにマティダ市民劇場で行われた。約300人が出演して、これまでの稽古の成果を披露し、観客を楽しませた。

(全文を表示…)

2014年12月9日(火) 09:00 [地域・暮らし]

乳がん予防法で講演/市民公開講座

琉球料理食し、よく笑う


乳がんの予防などについて講演する宮良博士(写真右奥)=7日、市中央公民館

乳がんの予防などについて講演する宮良博士(写真右奥)=7日、市中央公民館

 乳がん市民公開講座IN宮古島「あなたもわかる!乳がん早期発見方法~本当の健診方法を知りましょう~」と題した講演会(主催ブリストル・マイヤーズ)が7日、市中央公民館で行われた。宮良球一郎博士は乳がんになりにくい方法として「昔の琉球料理を食し、よく笑い、エンゲル係数を下げ、困難な時にであったらケセラセラ」を勧めた。

(全文を表示…)

2014年12月9日(火) 09:00 [社会・全般]

功労者へ表彰伝達/更生保護女性会設立記念祝賀会

更生保護活動が評価され表彰された会員の皆さん=8日、市内ホテル

更生保護活動が評価され表彰された会員の皆さん=8日、市内ホテル

 宮古更生保護女性会(砂川芳子会長)の2014年度の設立記念日祝賀会と表彰伝達式が8日、市内ホテルで行われた。多くの会員が集い、設立41年(1973年12月設立)を祝うとともに更生保護活動の一層の充実を決意した。また、14年度の功労者に関係団体からの表彰・感謝状を伝達してその活動をたたえた。

(全文を表示…)

2014年12月9日(火) 08:55 [行雲流水]

「琉大文学」(行雲流水)

 『琉大文学』の復刻版(全5巻)が、東京の不二出版から出版された。『琉大文学』は1953年、琉大国文科の学生が中心になって結成された「琉大文芸クラブ」の原龍次(松原清吉)と新井晄(新川明)を編集者として創刊された

(全文を表示…)

2014年12月7日(日) 09:00 [イベント]

島を挙げて多彩な催し/多良間

公民館まつりを開催


舞台では小学生による合唱など各種団体の発表が行われた=6日、多良間小学校体育館

舞台では小学生による合唱など各種団体の発表が行われた=6日、多良間小学校体育館

 【多良間】島を挙げて多彩な催しが行われるイベント第26回多良間村公民館まつり(同村教育委員会主催)が6日、多良間小学校で開催された。


 オープンセレモニーであいさつした池城三千雄教育長は「きょうの公民館まつりは皆さんが楽しみに待っていた島の一大イベント。様々な催しが用意されているので、思う存分楽しんでほしい」と呼び掛けた。

(全文を表示…)

2014年12月7日(日) 09:00 [教育・文化]

市長賞など103人を表彰/文化祭児童生徒の部

文化活動の成果たたえ


103人の児童生徒を表彰し文化活動の成果をたたえた=6日、市中央公民館

103人の児童生徒を表彰し文化活動の成果をたたえた=6日、市中央公民館

 第9回宮古島市民総合文化祭児童・生徒の部の入賞者表彰式が6日午後、市中央公民館で開かれた。書道や美術、文芸作品などの市長賞51人、教育長賞52人の計103人を表彰し、文化活動の成果をたたえた。

(全文を表示…)

2014年12月7日(日) 09:00 [イベント]

空への夢を育もう/JAL「折り紙ヒコーキ教室」

輪をくぐらせ歓声


子供たちは紙飛行機を飛ばして輪をくぐらせた=6日、伊良部小学校体育館

子供たちは紙飛行機を飛ばして輪をくぐらせた=6日、伊良部小学校体育館

 日本航空(JAL)グループの社員で折り紙ヒコーキ協会認定指導員の資格を取得している高田寛さんらを講師に迎えた「折り紙ヒコーキ教室」が6日、伊良部小学校の体育館で開催された。子供たちは手ほどきを受け、完成した紙飛行機を上手に飛ばして輪をくぐらせ、歓声を上げていた。 特別教室では、パイロットなどの模擬制服を身にまとった子供たちが、模型の飛行機をバックに記念撮影し、笑顔でポーズを取っていた。

(全文を表示…)

2014年12月7日(日) 09:00 [社会・全般]

視野を世界に広げよう/琉球大学観光科学科

観光振興でシンポジウム


沖縄の観光振興に関するシンポジウムをリアルタイムで聞く市民=6日、市中央公民館

沖縄の観光振興に関するシンポジウムをリアルタイムで聞く市民=6日、市中央公民館

 地域観光人材育成セミナー総括&観光科学科創立10周年記念シンポジウムが6日、那覇市、宮古島市、石垣市で同時開催された。沖縄の観光振興について沖縄ツーリストの東良和会長らが提言。今後の沖縄観光に携わる人材は、視野を世界に広げるよう促した。

(全文を表示…)

2014年12月7日(日) 09:00 [政治・行政]

超短期決戦に拍車/沖縄4区

投開票まで1週間/仲里、西銘氏 遊説で選挙区奔走


 2日公示された第47回衆議院議員選挙は14日の投開票日まで、きょう7日で残り1週間に迫った。四つの沖縄選挙区には計9人が立候補し、このうち宮古島市、多良間村などを含む沖縄第4選挙区(沖縄4区)には元県議会議長で新人の仲里利信氏(77)=無所属=と、前職の西銘恒三郎氏(60)=自民公認、公明推薦=の2人が出馬し「一騎打ち」の選挙戦を展開している。

(全文を表示…)

2014年12月7日(日) 09:00 [イベント]

多くの来場者でにぎわう/みやこ福祉会まつり

草花などが人気


ベゴニアやマリーゴールドなどの草花にも人気が集まっていた=6日、山中農村公園

ベゴニアやマリーゴールドなどの草花にも人気が集まっていた=6日、山中農村公園

 第13回みやこ福祉会まつり(伊志嶺博司理事長)が6日、みやこ学園と隣接する山中農村公園を会場に行われた。会場には利用者が育てた花などが展示即売され、格安で販売された草花などを多くの来場者が買い求めていた。

(全文を表示…)

2014年12月7日(日) 08:55 [ニュースウィークリー]

11月30日~12月6日

ニュースウィークリー
11月30日~12月6日


人口で宮古が八重山に抜かれる/1920年以来

 県統計課が28日発表した11月1日現在の県推計人口で、宮古圏域の人口が八重山圏域の人口を下回った。統計を比較できる1920年以来初めて両圏域の人口の歴史的な逆転現象が起きた。1920年以降は宮古の人口が八重山の人口を常に上回っていた。(11月30日掲載)

(全文を表示…)

2014年12月6日(土) 09:00 [社会・全般]

メモリアルパークが竣工/初の管理型公園墓地

関係者らが聖観音像(写真奥)の除幕式を行った=5日、宮古島メモリアルパーク

関係者らが聖観音像(写真奥)の除幕式を行った=5日、宮古島メモリアルパーク

 ~美ら海のぞむ やすらぎの丘~宮古島メモリアルパーク(秋満亜希所長)の竣工法要式典と祝賀会が5日、平良松原(宮古空港西)にある同霊園で行われた。法要式典では関係者による「聖観音像」の除幕式に続き法要が行われた。

(全文を表示…)

2014年12月6日(土) 09:00 [政治・行政]

誇りある豊かな沖縄を/衆院選4区

仲里氏が個人演説会/初当選向け支持者気勢


個人演説会で政策を述べる仲里氏

個人演説会で政策を述べる仲里氏

 衆院選沖縄4区(宮古島市、多良間村など)に立候補した無所属新人の仲里利信氏(77)の個人演説会(主催・ひやみかちうまんちゅの会みゃーく)が5日、平良久貝のぱいながまホールで開かれた。大勢の支持者らが集まり、「国政の場に仲里氏を送り県民の声を反映させよう」と気勢を上げた。仲里氏は「基地をなくし誇りある豊かな沖縄をつくろう」と支持を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2014年12月6日(土) 09:00 [産業・経済]

川上さんがJA理事長賞/宮古地区子牛共進会

60頭の改良技術競う


約60頭の子牛が厳正な審査を受けた宮古地区子牛共進会=5日、JAおきなわ宮古家畜市場

約60頭の子牛が厳正な審査を受けた宮古地区子牛共進会=5日、JAおきなわ宮古家畜市場

 2014年度12月期宮古地区子牛共進会(主催・宮古和牛改良組合)が5日、JAおきなわ宮古家畜市場で行われた。各支部の共進会を勝ち抜いた約601頭が審査を受けた結果、川上政彦さん所有の「ゆり」号が優等賞のほかJAおきなわ理事賞を受賞した。団体戦は城辺支部が優勝した。

(全文を表示…)

2014年12月6日(土) 09:00 [政治・行政]

再任の佐和田氏に辞令/教育委員

市議会承認受け交付


下地市長(右)から辞令を受け取る佐和田委員=5日、市長室

下地市長(右)から辞令を受け取る佐和田委員=5日、市長室

 任期満了に伴う市教育委員会委員任命辞令交付式が5日、市役所平良庁舎で行われ、11月19日の市議会臨時会で再任が承認された佐和田貴美子氏=伊良部長浜=に下地敏彦市長から辞令が手渡された。任期は2018年12月4日まで。

(全文を表示…)

2014年12月6日(土) 09:00 [地域・暮らし]

寒さを吹き飛ばせ/宮工でロードレース

母親らが宮古そば振る舞う


ゴール後のそばを目指しスタートする女子生徒たち=5日、宮古工業高校

ゴール後のそばを目指しスタートする女子生徒たち=5日、宮古工業高校

 宮古工業高校で5日、同校を発着点とする校内ロードレース大会が行われ、PTA母親委員会(荷川取景子委員長)が宮古そばやかき氷を振る舞い、完走した生徒たちの疲れを母の味で癒やした。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年12月1日現在

    宮古島市 54,792 人
    27,602 人
    27,192 人
    世帯数 27,848 軒
    多良間村 1,127 人
    604 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2014年12月
    « 11月   1月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2